Fリーグ開幕戦でハットトリック!フウガドールすみだに現れた“怪物”大薗諒とは何者なのか。

投稿日:

ミサイル、キャノン砲のようなシュート
持ち味は時速130キロの弾丸シュート

今シーズン、名古屋オーシャンズサテライトからフウガドールすみだに新加入した大薗諒はFリーグ開幕戦で早速結果を残した。

大薗はDUARIG Fリーグ開幕節で唯一1人をハットトリック決め、バサジィ大分との一戦で9-1の快勝に貢献。代々木第一体育館に駆け付けたサポーター、観客を沸かせた。

この試合、フリーキックで決めた3点目はまさにキャノン砲のようなシュートだった。その強烈なゴールはAbemaTVが選ぶ開幕戦ベストゴールで1位にも選ばれた。

そんな大薗シュートは、時速130kmになるとも言われている。

ちなみに、時速130kmは元サッカーブラジル代表ロベルト・カルロスのシュートと同じくらい速く、電車の走るスピード並みだ。

スポンサーリンク

大薗諒について

  • 名前:大薗諒
  • 背番号:19
  • 生年月日:1995年11月20日
  • 出身:愛知県大治町
  • 身長/体重:178cm/73kg
  • 前所属:名古屋オーシャンズサテライト

苦難を乗り越え、Fリーガーとして順調に活躍

今はFリーガーとしてプレーしている大薗だが、実はフットサルを始めたのはわずか3年前からだ。

幼稚園の時にサッカーを始め、小、中学校でアクア愛西を経て同朋高校サッカー部でフォワードとしてプレー、2013年に愛知県高校新人体育大会で準優勝に尽力した。

高校卒業後は、夢だったプロサッカー選手になるため海外に挑戦した。しかし選手としての実力はあったが、Jクラブのユース出身でもなく、年代別代表に選ばれた経験もなく実績がなかったためかチームが決まらなかった。

そんな時、知り合いを通じて当時Fリーグ7連覇中だった名古屋オーシャンズのユースアカデミーに練習参加、フットサルを本格的に始めた。その後大薗は下部組織サテライトに昇格した。

フットサル選手としてのキャリアを歩み始めたその時、大薗は右膝の半月板を手術することになる。手術後はリハビリのため半年以上の離脱を強いられた。

長期離脱後、大薗は躍進した

膝の手術をしたその翌年、大薗はその頭角を現す。名古屋オーシャンズサテライト(以下名古屋サテ)が所属する東海リーグで誰よりも多い96本のシュートを放ち、11得点を決め得点ランク2位に位置した。

また、その年U-19フットサル日本代表とのトレーニングマッチに4試合出場(サテライトで3試合、トップチームで1試合)し、6ゴールを挙げた。

大薗は東海リーグでの活躍もあり名古屋オーシャンズは12月9日付けでFリーグ特別指定選手に選出したと公式発表した。Fリーグ特別指定選手に選ばれたため、サテライトに所属しながらトップチームでの試合にも出場できるようになった。

特別指定選手に選ばれてから9日後、大薗はリーグ戦第25節エスポラーダ北海道戦でFリーグデビューを果たした。

迎えたデビュー戦、ダニエル・サカイの右コーナーキックに合わせたシュートはゴール左隅に突き刺さり記念すべきデビュー戦で初ゴールを決めた。

大薗のデビュー戦弾含む大量7得点で名古屋オーシャンズは勝利した。

デビュー戦後は、トップチームに参加しながら名古屋サテとして、東海リーグ全勝優勝し、リーグMVPに選出された。また、この年はF地域チャンピオンズリーグ初優勝に貢献し、チーム初のアマチュア日本一に輝いた。

そうして大薗は今シーズン、フウガドールすみだに移籍したのだった。

移籍後、シーズン開幕前のプレシーズンマッチでは古巣名古屋オーシャンズと早速対戦し、1ゴールを挙げた。フウガドールはこの試合、4-2で勝利しベストメンバーではなかったとはいえ、名古屋オーシャンズに圧勝した。

すみだのストライカーとしてこれからも結果を残す

大薗のポジションはピヴォを主戦場とする。ピヴォとは、サッカーでいうストライカーのポジションでフットサルにおいては非常に重要なポジションになる。

Fリーグフウガドールすみだピヴォ大薗諒

フットサルのポジションは前線にピヴォを置いた[3-1]とピヴォのいない[4-0]の2パターンに分けられる。

[4-0]の場合、主にパス回しで相手をかき乱しゴールを狙うことが多い。

対して[3-1]は、前線にピヴォがいるため縦パス一本でシュートに繋ぐこともできれば、ボールをキープして仲間のゴールをお膳立てすることもできる。

大薗はその重要なポジションで誰よりも多くシュートを放ち、ゴールを量産する。

前途したように大薗の持ち味は強力なシュートだ。同時にこれが大薗のプレースタイルでもある。

同朋高校時代、大薗はゴールから約40m離れた位置からフリーキックを決めたこともあるほどだ。

また、大薗はバイシクルシュートを得意とする。フットサルでバイシクルシュートを打つことはあまりない。そのためこれも大薗の武器と言えるだろう。

フウガドールすみだは昨シーズン終了後、エース大見寿人が引退。チームの要でもあった西谷亮介が名古屋オーシャンズへ移籍した。チームの主力選手2人が抜け、戦力が下がったと言われていた。

しかし開幕戦でハットトリックを決めた大薗の台頭は、そんな心配を払しょくした。

そして台頭したのは大薗だけではない。今シーズン下部組織バッファローズからF特別指定選手に選ばれた丹羽脩斗や春木啓佑、中田秀人ら4人の若手選手も活躍した。

そんなライバルから刺激を受けつつ大薗はさらに成長するだろう。

大薗は日本代表選出、そしてリーグ優勝するために、これからも貪欲にゴールを狙い続ける――

AbemaTV開幕戦ベスト5ゴール

※大薗のゴールは1:58~

文=舞野隼大
Twitter hayata_maino38

仮想通貨貯金してます

1
僕が使っている仮想通貨取引サイトの特徴まとめ…自分のやり方によってどれを使うかは変えよう

仮想通貨・暗号通貨を扱っているサイトはいくつかあるようで、僕は初心者なので総てを把握しているわけじゃありません。 それでも自分が使ってるサイトの特徴はわかっているので、それについて紹介しておきます。 ...

Copyright© でろブロ , 2017 AllRights Reserved.