絶賛ぶっ壊し中の名古屋グランパスの2017シーズンも不安と夢がいっぱいな件まとめ

投稿日:

踏まれてる

2016年のJ1リーグ戦が終わり、懸念通り名古屋グランパスはJ2降格と言う結果になってしまいました。

先日からオフに入った瞬間から某地元紙(?)から名古屋グランパスへの豪快な攻撃が開始され、ファンの皆さんは身も心も疲れきっている事でしょう。

そんな名古屋グランパス及びJリーグファンの皆様いかがお過ごしでしょうか?実は元々はサッカーブロガー、だけどサポーターではなく、ただのうざい傍観者でろりんです。

もう既に記事は削除してしまったので残っていませんが、このでろブロは小倉隆史全権監督が誕生した時点で「これはヤバイ事になるぞ」的な記事は書いていまして、大半のファンは同じ事を考えていたと思うんですが、見事に全員の懸念が悪い方向に命中してしまいました。

今回、更にヤバイ方向に突っ走ろうとしている名古屋グランパスは、もはや泥船状態になっている事が予想されますが、元々判官贔屓な僕はちょっと来季が楽しみになっている今日この頃です。

ってわけで「サッカーブログは稼げないからやらない」「面倒だからやらない」と書いていましたが、今回は節目ではありますし、ちょびっと思いの丈をここに残しておきたいと思います。

なんだかんだ名古屋グランパスが嫌いになったわけではないので…むしろ今でも日本代表より名古屋グランパスの方が気がかりです…。

だからこそ言いたい、来季も名古屋グランパスは不安と夢がいっぱいなんだぜ!!

スポンサーリンク

おグランパス以前から既に焼け野原だった理由

そもそも論ですが、小倉隆史全権監督が爆誕した時点で、名古屋グランパスはほとんど焼け野原状態でした。

そもそものきっかけは「主力ベテラン大放出セール」から始まっています。

増川隆洋、阿部翔平、田中隼磨と言う優勝に貢献してきた選手達を一気に大放出して、その後「DFラインが弱すぎて話にならない」と言う状態を自ら招いたのは記憶に新しい。

ほとんど崩壊したDFラインを西野朗監督が何とかやりくりして、とりあえずJ2降格を防ぐ事が出来た…と言う状況でした。

きっかけは無謀なベテラン放出

サッカーチームと言うのは面白いもので「世代交代が必要だ」と頻繁に言う割には、急激な世代交代はチームをぶっ壊します。

これって普通に考えると会社でも同じのはずで、これまでベテランが培ってきた経験や技術を若手に伝える前に、そのベテランがいなくなれば若手は道標を失ってしまいます。

名古屋グランパスの場合は非常に顕著で、放出されたベテラン選手の前年の出場数を見れば歪な状態である事は明らかです。

出場試合数と時間をデータベースサイトから引っ張りだしてみました。

引用元:https://soccer-db.net/team/player.php?te=1025&yr=2013

  • 増川隆洋 35試合 3055分
  • 阿部翔平 38試合 3240分
  • 田中隼磨 39試合 3453分

この状態だったわけです。大半の試合にこの3選手は出場していますね。では代わりの左SBとなった本多勇喜、牟田雄祐らのこのシーズンの試合出場時間などを比較してみましょう。

  • 牟田雄祐 8試合 620分
  • 本多勇喜 7試合 562分
  • 石櫃洋祐 3試合 149分

石櫃選手に関しては若手でもないのでちょっと比較するのもどうかとは思うんですが一応入れておきます(笑)

この状況で「ベテランを切って若手を育てよう」と言うの、ちょっと個人的には狂気じみていると思うのです。この試合出場数が逆転している状況ならわかるんですよ。

個人的にはベテラン選手を抱えた上で、若手選手がほぼ同等の能力を持った状態で「それなら若手を使おう」とベンチに追いやられた状態で、最低でも1シーズンを過ごして「このまま若手で行ける」と判断して初めて切って良いと思うんです。

俗に言う「リスク管理」と言うやつですかね。いつでもベンチからベテランが緊急出場できる状況を作れていれば、若手も「○○さんが後ろにいるから、思い切ってやってみよう」と思えるはずです。

それがなかった、いきなりベテランをぶった切って放出して名古屋グランパスはDFラインが既に崩壊していた。一時期は優勝争いをしていた名古屋グランパスの凋落はここから始まってます。

もちろん主力選手の年齢層が上がっていたのも事実です。でも一気に変えすぎだったんですね…変化は緩やかに与えるべきで、いきなりドカンと入れ替えたら全部崩れ落ちるのは当然の話です。

積み上げたブロックの一番下の方から大半を引っこ抜いたわけですから。

ボロボロの状態で博打監督へ

この状態でもヤバかったのは記憶に新しい。西野朗監督の手腕にも正直僕は疑問を持ってますが、今回はあくまで「フロントの判断」にケチをつけたいのであえてスルーします。

その状態で何故か監督経験が一切ない小倉隆史さんに監督を任せる…だけでなく、何を思ったのかGMも兼任させます。

どう考えても自殺行為で、少しでもサッカーを知っている人から「今季の名古屋は上がっても下がっても注目だな」とネタ枠として認識されました。実際に僕も完全にネタ枠として見ています(そこが好きなわけでもあるんですが)

選手構成がヤバイ事になっている状態をベテラン監督が苦肉の策でなんとか中位をキープしている状況。その後にまさかの新人に試合構成も選手構成も総てが託されました。

そりゃまぁ色々な人が名古屋をJ2降格候補に挙げるのも当然なわけで、僕も明言をしていたかは記憶にありませんが、ぶっちゃけJ2に落ちると思ってました。

再びベテランを切り始め暴走する名古屋フロント

今の選手構成を誰がやっているのかよくわかりませんが、またもやDFラインを切った時と同様に様々な選手を切り始める名古屋グランパスのフロントを見て、僕の中の安西監督が「何も成長していない…」と絶望の表情を浮かべているのが現状です。

今回が気になったのは竹内彬選手と、小川佳純選手、田中マルクス闘莉王選手です。

  • 竹内彬 36試合 3240分
  • 小川佳純 27試合 1644分

竹内選手に関しては上記したものと完全に同じ理由です。これだけ試合に使っていた選手をいきなり抜いてどうするのかと、守備が崩壊しているチームなのに、更にぶっ壊しにかかるのかと疑問で仕方ありません。

バックアップが出来る選手は揃っているのか?疑問です。

もちろん超大型補強をするなら全然有りですが…。

小川佳純選手に関しては少し試合出場が減ってますし、年齢を考えて切りたくなる気持ちもわかりますが、減俸をして残り1〜2年ベンチスタートで踏ん張ってもらうのも全然有りだと思うのです。

一緒にいる事で刺激される部分もあるでしょうし、若手への模範(になるかは知りませんが)になればそれで投資する効果はあります。

何より「うちは功労者は最後まで面倒見る良いクラブですよ」と、有望若手にアピールする事ができるからです。

安田理大選手も言ってましたが、その上で名古屋グランパスで引退してもらうのも有りな選手だったんじゃないでしょうか…中村直志さんに続いて、そういう扱いをされても良い選手だったのではないかと個人的には思います。

ですが名古屋グランパスはもはや血も涙もないクラブだと認識されているでしょう。象徴的なのが田中マルクス闘莉王選手への非情な扱いです。

家族を置いて助けに戻った救世主の闘莉王もポイ捨て

ブラジルに帰国して結婚して、妻が出産間近な状況にも関わらず、電話一本で日本に飛んできた熱い男が田中マルクス闘莉王選手です。

その選手に対して即座に戦力外通告、一応アドバイザー入りの道は示したようですが、せめて減俸掲示をした上で「チームの手助けをして欲しい」と言うのが筋だと思います。使うか使わないかは次期監督次第なので自分でしっかりアピールしろってだけの話でしょう。

そもそも論ですが、次期監督が決まる前に選手構成に手がつけられているのも「大丈夫か?」って思う理由の一つですが…J2でどのような戦い方をするのか既に決まっているならまだ良いのかな…。

これはボスコ監督に関しても同様ですが「名古屋を愛している」「なんとかしたい」と言っている人達をバッサリ切っていくのは、個人的には愚策としか思えない。

次期監督を完全にJ2までリサーチ済みで現状にフィットする人選が既に成されているならまだ良いかも知れませんが…個人的には名古屋グランパスのフロントに不信感を持っているので、そこまで先を見据えているのか不安で仕方ありません。

闘莉王もボスコも、緊急時に急遽助けてくれた恩人です。その結果監督交代後は確実に勝率も上がっていたし、僕が見た試合では明らかに内容も向上していました。それでも切っちゃうのも不思議。

スポンサードリンク

非情なJ2降格クラブに選手が来るのか?

安田理大選手もそう語っていたそうですが、実際僕も本当にこれを思うのです。

これが総てなわけで、これからどれだけの選手が来てくれるのか、それが一番の焦点になる気はします…。元々DF枠は薄いのに、更に切ってますからね…そこがどうなるかも疑問です…。

これだけの事をしておいて、果たしてどれだけの選手が名古屋グランパスに来たいと思ってくれるんでしょうか…。

サッカー選手の寿命は凄く短い。活躍出来る時期を過ぎたら一気に落ち目となって稼ぐ事も難しくなってしまう博打のような職業です。

貴方なら、自分の息子が沢山のクラブからオファーが来る有望な選手になったとして「名古屋グランパスに行くべきだ」って言いますか?僕なら言いませんよ。どれだけ忠誠を誓ってもポイ捨てされますからね。

もっと選手を大事にしてくれるクラブに行くべきだと思いますし、もっと移籍しやすく試合にも出やすい、チームとしてのビジョンもしっかりしている中堅クラブに行くべきだと言うかな…。

また、これまで1年でJ1に復帰してきたクラブは、主力が即座に残留を明言して主力の大半を残したまま、チームコンセプトも引き継いだままJ2で揉まれて戻って、熟成したチームでJ1でも結果を残しているパターンが多い。

このタイミングでチームを解体すると、そのままJ2に居座る可能性の方が高い。そもそも名古屋グランパスは昔から下位クラブに弱いし、天皇杯でもここ数年2回戦で見事に下のカテゴリーのチームに負けているようなチームですから…J2で無双する可能性は凄く低いと思っています…。

良く言っても6位以内に入れるかどうかすら微妙なのではないでしょうか…。

でもJ2での戦いに興味が出てしまった

僕は元々判官贔屓野郎ですので、弱いチームの方が好きです。名古屋が好きな理由の一つで「何やってんだこのクラブ…」と呆れる部分が多いから…ってのがあるのは事実です。

ましてや懸念通りJ2に落ちてしまって、来季こそはもっとしっかり編成し直すかと思ったら、更に迷走しそうな匂いがプンプンしているので、ここまで来ると楽しくて仕方ありません。

恐らくJ2でも更にスリルにまみれた戦いを僕達に提供してくれる事でしょう。そんなチームだからこそ勝った時に嬉しい、負けたら「またか…」となるだけの話で…。

繰り返しますが、僕は昔からのイメージで「名古屋は弱い」と言うイメージのままです。名門とか言われても「どこが?」としか思いません。

去年からのオフ時の動きを見ても「これで強くなる気なのか????」と不思議で仕方ありません。1年でJ1に戻る可能性は現状では限りなく低いでしょう。

もちろんいきなりグアルディオラが監督に就任して、メッシでも獲得すれば一気に話は変わってくると思いますが…(笑)

トヨタマネーでもぶっこめばチート級の外国人選手を引っ張りこむ可能性も0じゃありませんが、あくまで今回は2部リーグなので果たしてそれがどうなるのか…。

スポンサードリンク

そもそも外国人監督はJ2を理解しているのか?

J2はちょっと特殊なリーグになっています。試合数が非常に多く2016シーズンも42節あります。

ましてや終盤になると昇格争いに入り込んだチームが固くなり、逆に中位以下のクラブが硬さが取れて強くなったり、長丁場で選手達が疲弊してきたりするそうですし…。

僕はJ2を一年間とおして見てきた事がないのでよく知りませんが、ちらっと見る限りではカウンターでぶった切るチームが多いようですし、実際そういうコメントをよくTwitterでも見かけます。

そういう日本独特の部分をどれだけ見てくれるかも不安材料の一つではあります…もちろんそれらについては誰か知っている人がクラブ内にいて助言すれば済むんでしょうけど。

実際に清水エスパルスはJ2を知り尽くした監督を招聘する事で、そこらをうまく調整しているそうです…ってのをTwitterで見かけました…実情は知らん!(笑)

2017年の名古屋グランパスが不安な理由まとめ

  • また主力を自ら手放してる
  • 非情なJ2クラブに有望選手が来てくれるのか?
  • 外国人監督ってJ2の特性を理解してるのか?
  • フロントはサッカーを本当に理解してるのか?

色々と不安がいっぱいですが、個人的にはこれを言いたい。

これが、名古屋グランパスだ!!

そこを込みで楽しみたいし、ちょっと本当に「やっぱりダゾーン契約して来季もちゃんと見ようかなぁ…」って思って来てます…(笑)

久々にサッカーについて書きましたが、まだまだ書きたい事が溜まってるんですけど、この時点で6千文字近くなったのでさすがに終わります。

田口泰士が残ってくれたらとりあえずそれで良いや…でも一人の田口ファンとして、選手本人の人生を考えたら「移籍した方が…良いと思うぞ…(^ν^)」と言いたくなっているのも事実です…。

スポンサーリンク

ブログ初心者に見て欲しい記事

1
無料ブログではなく独自ドメインでの運営が推奨される理由と僕が使っている環境

ドメイン取得のやり方とドメインを取得する意味について今回は紹介したいと思います。 ブログを本気でやりたいなら…と言うか何かしら「自分の名前を使って活動をしたいなら」ドメインを取得して自分の公式アドレス ...

2
独自ドメインを使ってWordPressのブログサイトを構築するやり方【ムームードメインとエックスサーバー編】

今回は独自ドメインの取得の仕方について紹介しておきたいと思います。 あくまで僕が行っている環境での設定の仕方になるので、他の環境を使いたい人はちょっと参考にならないかも知れません。スイマセン。 今回は ...

-サッカー

Copyright© でろブロ , 2017 AllRights Reserved.