小型照明器具「Yongnuo YN-600」買って動画撮影した感想…そもそも自分の撮り方が悪い事に気付きました

You Tubeでも紹介しましたが、小型照明器具「Yongnuo YN-600」を買ってみました。

実際に使ってみて思った事がいくつもあるので、動画でも一応感じた事を言ってますが、それの補完だと思ってください…(笑)

照明の光自体は凄く強い

本当にめっちゃくちゃ光ります、目が痛いです。

この照明自体の光は凄く強いのに、それでも僕みたいに当て方が下手だと全く意味がないって事がよくわかりました、辛いンゴ。

そもそも立ち位置が良くなかった

冷静に考えたら立ち位置が良くなかった。

僕が撮影しているフロアには照明が2つあった(しかも本来は3つ必要)そこで僕はほとんど照明の真下で撮影していたのです。

そら頭上から降り注ぐ光は全て僕の帽子で遮られるわな!

上からの光がほとんど当たらないので暗い、そこで仕方なく横からのこの「Yongnuo YN-600」で光を当ててたんですが、そもそも色々と調べてみると、光については三点方向から当てないと意味がないみたいです…(笑)

そもそも天井についている照明を有効活用出来てないので、その時点で大幅なマイナスですよね…出来れば自分の前方に照明がある状態が好ましい…そうなると撮影場所が自然と限られてくるので、今後はその辺りも調整しないといけないって事に気付きました…。

ただこれ動画で語るとあまりにも話しが長くなるのと、ぶっちゃけ面白くもなんともないのでスルーしました…(笑)

やっぱり帽子ダメだわ

冷静に考えたら日を遮るための帽子をかぶっている時点で僕の顔が暗いのは当然の話で、もちろん少しでも素顔を隠すためにやっているんですが、もうそこまで気にしても仕方ないんじゃないのか?そもそも僕は定職についてない(約10年間自営業)の時点で顔を出してもどうでも良いんじゃないのか?って疑問がふつふつと…(笑)

ってわけでやっぱり帽子はダメだなと、別の方法を考えております…やっぱカツラになるんかなぁ…。

何かしらキャラ作りはしておきたいんですが、キャラが思いつきません。現状は完全に素でやっているので、いやまぁ動画でキャラを完全に作るのは無理があるけど、見た目だけでも…(笑)

You Tubeって難しい~!!

画面の明るさは照明以外にも工夫が必須だとよくわかりました

個人的には「ムダな情報が入らない角度に」とか色々と考えてあの配置での撮影になったんですけど、照明についても考えるべきでした…。

そもそも他の人の動画見て、あんなに暗くなってないからなぁ~と…画面が暗いのはやっぱ良くない。みんな色々と工夫してるんだなーと画面に見えない所でね!当然なんですけどね!(笑)

こういうのって「やってみて初めて苦労がわかる」のが当然なんですけど、改めて動画コンテンツを作っている人、もちろんテレビ番組を作っている皆さんもそうですし、You Tuberの皆さんもそうですし、みんなすげぇ~!ってなりました…。

当たり前だけど一回動画撮る毎に「あ、ここ失敗した」「またここ失敗した」「また早口で喋ってるよ」「顔がブサイクだよ」とか、色々と改善点が見つかるんですけども、本当に日々修正してかないとダメだな~と思う次第です…。

まぁ上手くやれそうだったらもっと良い照明機材を買うか、それとも更に一つ追加するか…どっちかだな…ともかく今は立ち位置を変更する事と、帽子から変更の方向で画面を明るくする方法を模索していくつもりです…。

我ながら毎回「最初は失敗する」のが王道だな~って思います。僕は絶対成功しない、元々がアホなんでしょうね…(笑)