Jリーグを軽視して欧州に生き急ぐかのように移籍をする事は危険!海外挑戦はJで結果を出してからにするべきでは?

投稿日:2013年1月19日 更新日:

日本サッカー界の期待の若手FW小野裕二と、名古屋グランパスの昨季チーム内得点王永井謙佑の二人がJリーグを離れる事がほぼ決定しています。確定したのかはわかりませんが、もうここまで来たらほぼ決定でしょう。

今回ちょっとした違和感を感じたので、その事についてちょっと話したいと思います。

スポンサーリンク

Jリーグは軽視されている

誰に?

選手に

俺も大好きな井上雄彦さんの漫画「スラムダンク」で安西先生(コーチ)のこんな名台詞があります。

「お前なぁんか勘違いしとりゃあせんか?」「お前の為にチームがあるんじゃねぇ、チームのためにお前がいるんだ」

この辺り、選手達は勘違いしてはいないだろうか?選手の為にチームがあるんじゃないんです。彼等がチームにとって必要だから契約しているんです。これは俺達社会人でも同じ事が言えます。

優秀な人材だと思ったから、使えると思ったからこそ俺達は職場を得る事が出来ているのです。

決して個人が世界に羽ばたいて行く為に企業(クラブ)があるわけじゃない!!

Jリーグは欧州のリーグを繁栄させる為に存在しているわけじゃないのです。そこはビジネスとして割り切ってもらわなければ困る。

勿論、選手が成長した末に世界に羽ばたいて行くのは自然の成り行きでしょう。Jリーグで活躍すれば世界の道は開けるのです。これが事実です。

Jリーグからドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンやボルシア・ドルトムント、シャルケ04に移籍した選手達を俺達は見ているはずです。

ですが小野裕二と永井謙佑はベルギーのスタンダール・リエージュを選びました。日本からドイツのビッグクラブに行った選手もいるのに、何故かベルギーを選びました、何故でしょうか?

日本からでもビッグクラブの道は開け始めていると言うのに…何故日本でもう少し頑張って、ビッグクラブから声がかかるのを待てないのでしょうか?日本からなら移籍金も安くて比較的移籍しやすいのにね。

欧州に行けば注目度が上がるからすんなり移籍出来るようになると思ったのでしょうか?その割には4年半の契約期間は個人的には「What?( ゚д゚)」って感じです。ベルギーに腰を据えるつもりなら良いんでしょうけどね。

それならJリーグに残ってもっと自分が行きたいクラブからオファーが来るぐらいの選手になってからでも遅くはないのでは?Jリーグで得点王を取れるぐらいになってからでも遅くはないのでは?

Jリーグで結果を出せないのに海外に行けば出せると思ってないか?

勿論早目に高いレベルに行く事は大事だと思う。だけどベルギーのスタンダール・リエージュがJリーグより遥かに上だとは思わない。試合に出るにはそれなりのレベルで都合は良いのかも知れない。だけどそこで4年半の契約をした事が一番理解出来ない。1~2年で良かったんじゃないのか?

永井謙佑はもうすぐ24歳、4年半したら28歳ですよ?ヘタしたら選手としてのピークまでスタンダール・リエージュに居続ける事になるんですからね。

本田圭佑ですら契約期間が長すぎて、半端に移籍金が高いのでどこもお金を払えず移籍も出来ずに困っているのに…。移籍ってそうそう簡単な話じゃないでしょう。

俺には彼等二人がスタンダール・リエージュに移籍するメリットがわからないし理解出来ません。

何処でも人は成長出来る

勿論、環境が人を変えるとも言います。ですがその「環境」の中で最も大事なのは「試合に出る事」だと俺は思うのです。勿論練習でも人は成長出来るとは思いますが、一番大事な実戦経験が置いてけぼりになってしまいます。

話す言葉も違う国でプレーするのは大変な事だと思います。言葉を喋れなければ色々な壁にもぶち当たる。勿論万全を期して「英語ならサッカーの会話は大丈夫です」ってレベルならまだ良いとは思うけど、喋れなかったら自殺行為も良い所だ。

永井謙佑は最低限10得点はしているし、年齢的にも24歳になるので「まぁそろそろ焦るか…」とは思わんでもないが、小野裕二はまだ20歳だ、何を焦る事があるのか?

小野裕二はまだまだ素材だ、エースとしてチームを引っ張った事もない。しかもそれは日本での話だ。日本でやれない選手が、日本でたった2ゴールの選手が海外に行けばいきなり活躍できると言うのか?フザけるな。

Google検索「小野裕二」
小野裕二
なんだこの顔フザけるなああ!
※年齢確認の為にググったら出て来てコーヒー吹きました。

小野裕二は横浜F・マリノスでもっと試合に出て、もっと結果を残してから移籍するべきだったと俺は思っています。宮市亮も海外に出て結局試合にほとんど出れず、しまいには怪我をして苦しんでるのを見てるはずだ。

断言するがJリーグでも人は絶対に成長出来る。

結局は当人の心構えと生き方次第だ。香川真司はブンデスリーガで即通用したが、それまで何処にいた?J2にいたんですよ?J2で得点王を取り、J1でプレーしたのはたった数ヶ月、でもその数ヶ月でJ1でも結果を残していました。

だから通用したんです、Jリーグで通用したからこそ海外でも際立ってるんです。そう香川真司はJリーグで成長している!しかもJ2で。

海外に出たから凄い選手になったんじゃない、日本にいた頃から香川真司は無双してたんですよ。それがなんで焦って海外移籍でしかも4年半契約だ、さすがそれはアカン。

選手生活は短い、それもわかるけど短いからこそチーム選びで一気にダメになる可能性だってあるんです。

Jリーグをぬるま湯と感じるなら香川真司のように無双してから出て行くべきではないだろうか?香川はJ2の2009シーズン44試合で27得点、J1の2010シーズンでは11試合7得点を記録してドルトムントに移籍しています。

本当にこれだけは言っておきたい。

とりあえず海外行けば良いってわけちゃうぞ

母国で、言語に不自由がない所で結果を残していない奴が、どうして言葉が通じない所で結果を残せるのか?残せる可能性は限りなく低いんですよ。

リーグのレベルうんぬんじゃなくて、海外向きの性格かどうかもあるだろうし、私生活の環境にもよる。総てが住み慣れた日本とは異なる所で本領発揮するのは難しい。

俺は生き急ぐかのように「欧州なら何処でも良い」と移籍する事には断固反対です。日本の報道や文化も影響しているとは思うけど、不必要に海外を持ち上げるのも良くないのかも知れません。

リスペクトの気持ちを持つ事は良い事ですが、生き急いで素晴らしい才能が潰れるのはちょっとやるせないですね。

勿論、選手の人生ですから選手の勝手である事は承知ですが…。

俺は今回の永井謙佑の移籍も契約期間が長過ぎると疑って見てましたが、小野裕二のはもっと酷いと思ってます。

遠藤保仁だってJリーグであそこまでの選手になったんですからね…。Jリーグ得点王が海外移籍!!って話なら理解出来ないでもないんですが、まだ素材の選手がポンポン行くのは個人的にはあまり賛成出来ません。

特に小野裕二に関しては俺も期待していたので正直残念です。海外での成功を願ってますが…もう少し日本で実績を残してからにして欲しかった。

Copyright© でろブロ , 2017 AllRights Reserved.