日本vsサウジ戦の感想まとめ…原口・山口蛍が見せたハリルホサッカーの良さ

投稿日:

ド素人が見た、ロシアワールドカップに向けたアジア最終予選、日本代表vsサウジアラビア代表の試合の感想です。

個人的に今回の試合はハリルホジッチ監督のやりたいサッカーが見え始めた所だと感じておりまして、一種のターニングポイントになった試合だと思っています。

この試合で改めて見えたのは「トランジション」の部分だったのかなと、最も体現できていたのは個人的には原口元気と山口蛍だったと感じているので、それについてちらほらとド素人の感想を適当に書いておきます。

もしこのまま上手くいったら…ですけど、本当にこの試合が分岐点になりますよね。

スポンサーリンク

ポジティブ・ネガティブトランジションとは?

そもそものトランジションってなんぞやって話ですが、簡単に言うと「切り替え」と言う意味になります。

ポジティブトランジションとは、守備から攻撃に切り替える時に使います。逆にネガティブトランジションとは攻撃から守備に切り替える時に使われます。

玄人がたまに使っている「ポジトラ」「ネガトラ」はこれを略したものです。

主に原口元気が体現してくれていたカウンターについては、今回で言うとポジティブトランジション…要するにポジトラの部分になります。

守備からの攻撃の切り替えが光る原口元気

原口元気選手は日本にいた時はあくまで「ドリブルで仕掛けてカットインから強引にシュートを打つオラオラ選手」と言うイメージでした。

もちろん日本にいた時から、あまり日本人選手としてはいないタイプの選手だったので、個人的には好印象を持っていた選手ではありました。

ですがここ数試合の日本代表で見せてくれる姿は、かつての原口元気選手からは想像もつかないぐらいの「献身性」を見せてくれています。

しっかり守備で走り、更にボールを奪って日本がマイボールにした瞬間にしっかり切り替えて前に走りだす、このポジティブトランジションがしっかり出来ている印象です。

印象的だった走り疲れたシーン

前半の時点で何度もこのトランジションを激しく繰り返していたので、原口元気選手が疲れきってボールに追いつけないシーンが一度ありました。

守備で自陣まで戻った後に日本ボールに、長谷部誠選手が左サイドのスペースに浮き球のパスを放り込み、そこに原口元気選手が走っていたのですが、既に走り疲れておりボールに追いつく事が出来ませんでした。

元々のスピードを考えたら原口選手なら届いたのかな?と思われたシーンでもあったんですが、明らかに乳酸が溜まった動きをしておりまして本人も「無理だ」って感じの顔をしていたのが印象的です。

正直あれはそれまでのプレーを見ていてあそこにパスを出す長谷部誠選手が鬼だと思うんですけども(笑)それでもこの原口元気選手が疲れきっていた点を込みで、どれだけ走っているのかよくわかるこの試合を象徴するシーンの一つだったと思います。

度々繰り返された切り替え

今回の試合に限った話ではないのですが、僕がハリルホジッチ監督のやりたいサッカーが見えてきたなーと感じたのは、やはり原口選手がスタメンに入りだしてからです。

原口選手はどこからでも前線に突っ走って来ます。最後尾にいてもちゃんと前に走りこんでスペースに飛び出す事を常に意識している用に感じます。

まさに「走り勝つ」ためのプレーが出来ているように僕は感じます。ハリルホジッチ監督のやりたいサッカーを原口元気選手のプレーから僕は感じる事が出来るようになりました。

「大体こういうのだろうな」と言う予想はしてましたが、実際に体現出来ているのは原口選手が一番だと思います。そろそろメディアが「ハリルの申し子」とか言い出すだろうなぁ…と勝手に予測しているぐらいです。

正直現状では4-2-3-1をした際の左サイドではこの原口選手以上に良いプレーをしている選手は見当たらないぐらいですよね。

大半の人が同意見だと思いますが、もはや原口元気選手は現状の日本代表のエースと言っても差し支えない存在感を示しています。特に「監督がやりたい事を体現している」のは非常に大きいです。

ただ終盤にやはりバテていたので、どうして交代させてあげなかったのか…とは思いました…失点時も原口元気選手の所が完全に穴になっていたので…あれだけハイペースで走り続けてあそこまで保ったこと自体が素晴らしいんですけどね…。

スポンサードリンク

山口蛍が見せたネガティブトランジション

逆に山口蛍選手はこのネガトラが上手くやれていた感がありました。

少なくともサウジアラビア戦では、山口選手が真っ先に相手を潰しに行って、長谷部選手は下がってカバーリングをする動きがちょこちょこやれていたような気がします。

これまでボランチの所でちょっと違和感を覚える事が多々ありましたが、やはり守備を考えたら山口蛍選手を入れるのは大事なんだろうなぁ…とは思いました。

ただ、あまり頭脳的にプレーしているとは思えないのであれですけども…守備のみで考えたら、現状の代表にいる選手の中ではやはり良いと思います。

何度も相手の繋ぎ所を潰していた

山口蛍選手が考えてプレーをしているのか、感覚でプレーしているのかは本人に聞いた事がないのでわかりませんが、個人的に印象的だったのは予測の鋭さです。

サウジ戦では何度か、相手にボールを奪われる前…もしくは奪われたタイミングで既に動き出して、相手の出しどころを潰していた事がありました。

相手がボールを持ってパスを回し始めた時点で「あそこの選手にパスが出る」と把握しており、そこに突っ走って特攻プレスを仕掛けていました。

そこで相手に自由にプレーをさせない事で攻撃を遅らせたり、ボールを奪う事に成功したり、パスミスを引き出したりしていたので、これをハリルホジッチ監督の指示でやっているのか、感性でやっているのかはわかりませんが、良い切り替えが出来ていると感じました。

山口選手が一度当たる事で守備陣形を整える時間が作れてましたし、一度しか試合を見て無いので完全に分析はしてませんが、恐らくやれてた…はず…です…たぶん…(笑)

個人的には少なくともサウジ戦の山口蛍選手は、影のMVPと言って良い選手だったと感じています。

本田・香川外しについて

最近は海外サッカーを追う事が出来ていないので何とも言えない部分はあります。

香川真司選手が最近のドルトムントでどれぐらいのプレーをしているのか、どれぐらいのプレータイムをもらえているのか正確に把握は出来ていません。

もちろん本田圭佑選手に関しても、最近はクラブでのサッカーを一切追ってないのでコンディションについてはわかりません。ましてや僕は先日のオマーン戦を見る事が出来ていないので、オマーン戦にスタメン出場した本田選手がどれぐらいのプレーをしたのか把握していません。

ですが客観的に見た際に、本田・香川が出ている時の日本代表と、出ていない時の日本代表だと、サウジ戦の博打は成功したんだろうなぁ…と思っています。

本田と香川は仲が良くなりすぎた

個人的に思ってしまうのはやはり「仲が良くなりすぎたのではないか」と言う点です。お互いに気を使っている気がしますし、お互いに「活躍させてあげたい」「近くにいれば良いプレーが出来る」と思っている節があります。

特に香川真司選手が、本田圭佑選手を慕ってるのか?と本気で思うぐらい、香川選手が本田選手がいる所に寄ってプレーしています。

香川選手はパスを出したらリターンが欲しい選手であり、本田選手はそれをやってくれます。

本田選手は自分の足が遅い事を理解してプレーしているので、ポスト役をこなす事を昔から好みます。自分が体を張ってボールをキープしてパスを戻す事が出来る選手です。

サウジ戦の二点目も長友佑都選手と左サイドでそのリターンを出して抜け出させて、そこから追加点の起点となっています。

これが出来るせいで、二人はどうしても近寄ってプレーをする傾向がありました。サウジ戦は少し控えめになった気はしますが、これまで何度もそういう事を繰り返して渋滞を引き起こす事があり、そこで試合が停滞する事が何度もあったのが気になります。

そういう意味では、この二人を一緒にプレーさせるのはあまり得策ではないとすら思うレベルです。

仲が良いからこそ、お互いに信頼しているからこそ、チームのバランスを崩す可能性があるのが辛い所です。仲が良い事も、お互いに信頼している事も本来は良い事のはずなんですが、この二人に関しては最近はお互いの価値を落としてしまっている気がします。

そういう意味でも、二人共スタメン落ちしたのは良い事だったのかな…とも思うのです。

香川は現状清武のバックアップになってしまう

タイプが微妙に異なる事は承知の上で言いますが、お互いにテクニシャンである事、身長も近い事などを考えると、得意ポジションがお互いにかぶっています。

正確には清武弘嗣選手はパサー、香川真司選手はシャドウストライカーなのでちょっと異なりますが、現状トップ下をやらせるならやはり清武弘嗣選手がベストチョイスになると思います。コンディション込みですけどね。

これまでは完全に立場は逆の扱いでしたが、これだけ長い間ずっと日本代表の中心としてプレーしてきて、香川真司選手は波が激しくてここぞと言う時に活躍出来ないイメージが強いです。

もちろん基本的に高いテクニックを持っており、良い選手である事に間違いはないのですが…日本代表ではあまり生かされてないのが正直な所です。

ただここ数試合は守備でのタスクに重点を置いて、以前に比べれば頑張っているのは非常に良い事だと思います。ただ原口・清武選手のように守備をこなした上で攻撃で活躍出来る所まで行かないと…って所ではあります。

元々好きな選手なので、日本代表のやっているサッカーに適応してくれる事を期待したいです。

ただ現状だと、適応って意味では本田圭佑より香川真司の方が適応出来る可能性は高そうですよね。

本田圭佑の世代交代はなるのか?

これまでの日本代表を引っ張ってきたのは確実に本田圭佑です。香川真司が10番だろうと、メンタル的にも結果的にも引っ張ってきたのは本田圭佑でしょう。

少なくとも2010年ワールドカップからこれまでは、日本代表は「本田圭佑がエース」のチームでした。それがとうとう崩れ始めています。個人的にはそれも良い事だとは思っています。

ポスト役をこなせる大迫勇也の台頭

サウジ戦では大迫勇也選手のポストプレーも際立ちました。

これまでの本田圭佑選手のストロングポイントは「ポストプレー」でした。

日本人離れしたフィジカルコンタクトでボールをキープして、とりあえず本田に預けておけばある程度ボールをキープする事が出来たので、相手との差がある試合ほど、本田が生きていました。

更に本田は日本人離れしたメンタリティを持っており、ガンガンシュートを打ってくれる選手で、しかもちゃんとゴールを決められる選手でもありました。

大舞台ほど日本代表のシュートが外れる印象でしたが、ワールドカップでもしっかりゴールを決めてきた本田圭佑選手は逆に「大舞台に強い」タイプだったからです。

でも少なくともそこから「ポストプレー」の強みは大迫勇也選手が担う事が出来るようになりました。

個人的にはこれは凄く良い事だと思っています。大迫勇也選手はゴールも決めたら完璧でしたが、そこまで求めるのも酷かなーとも思います。

少なくとも現状FWとしてベターなチョイスである事を証明してくれたのは大きいです。

高さ要員としての強みはまだある

いくら本田圭佑選手のフィジカルが以前に比べて弱まったと言っても、それでも日本人の中ではフィジカルの強さはまだ抜き出ています。

また高さもあるのでヘディング要員としては十分使えます。

相手が高さで放り込みをしてきた時、セットプレーの攻守においては未だに本田圭佑選手がいると高さのストロンポイントが増えるので、個人的にはその点としては使い所はあると思っています。

ですがそれ以上に現状の日本代表のサッカーだと、サイドとしての適性が低い事は間違いないとも思っています。

サイドでは足の遅さが目立ちすぎる

どうしても本田圭佑選手は俊敏性がありません。これはもう絶望的にないと言っても良いレベルにないので、こればかりはどうしようもありません。

元々無いものは無い、弱点をピックアップしすぎるのもどうかとは思いますが、それでも右サイドで使われる度にその弱点が際立ってしまうのが辛い所です。

どうしても攻守の切り替えを強みにしようと思うと、本田圭佑選手が一歩で遅れる所が気になる人も多いでしょう。実際に僕も久保裕也選手と変わった際に「本田さん足遅いな…」と感じてしまいました。守備の時にどうしても不安になります。

長距離のダッシュではある程度ついていく事が可能なものの、どうしても短距離での切り返し時に他の選手とは大きな差が出てしまいます。もしかしたら加齢で以前に比べて更に遅くなっているかも知れません…。

だからこそ、現状のハリルジャパンでは使い所が難しい選手だなとも思います。もちろんクラブで試合に出れていないので、そこでコンディションが上がっていないのも大きな原因の一つでしょうけど…。

以前から言ってますが、本田圭佑を使うならやっぱり中央だと思います。先日試したようにワントップか、トップ下で使うのが最もベターに使える方法なのではないでしょうか??

あまりにもサイドで攻守に走らせるのは、弱点が悪目立ちするだけであまり良い効果があるとは思えません…。

ただ本田なら何とかしてくれそうな期待はある

これまでも本田圭佑は叩かれ続けて来ました。

現状では監督のやりたいサッカーとマッチしてない部分もあって叩かれている部分はあると思います。

どうしても本田はパスで細かく繋いでいく所にこだわる部分があります。走りっこなら自分のストロングポイントがあまり生かせないからでしょう。

ですがハリルホさんの目指すサッカーは走りっこですし、実際にその方が良い傾向はあります。今回のサウジ戦では特に原口元気選手がその点を活かして素晴らしいプレーを見せてくれました。

原口選手のプレーこそがハリルホさんが求めているサッカーだとは思います。右サイドではそれが出来ている選手が現状いません。

本田圭佑がプレーする場所を変えるのか、たまにポゼッションをとるタイミングでストロングポイントを活かすのか、どういう方向性で来るかはわかりませんが、なんだかんだ本田なら最終的にはメンバーに滑り込んできそうな期待感はあります。

ただ監督がやろうとしているサッカーを否定したり、チームの和を乱すような事は絶対にしてはいけないと僕は思っています。

本田がこれからどういう道を歩むのかは楽しみです。なんだかんだ元々僕は本田が大好きなので、最後まで本田らしくいて欲しいとも思ってます。

もちろんベテランらしい振る舞いを見せて欲しいとは心から思ってますけどね…。

実際にもうそういう年齢なので…若手を押し上げて上手く継承すると言う役割だけは、最後に絶対に担って欲しいと思っています。

ハリルホジッチ監督のサッカーも楽しみになってきた

個人的には元々パスサッカーが好きなので、最初はハリルホジッチ監督のとっているサッカーで楽しめていない感はあったんですが、最近は結構楽しくなってきました。

特に原口元気選手が上手く体現してきている感じがあります。たくさんの人が原口選手を絶賛してますし、ああいうプレイヤーがもっと称賛されるようになって欲しいなぁ…とは僕も思っています。

単純にテクニックが高くて、攻撃面ばかりがクローズアップされがちですし、僕自身もついついそっちばかり見てしまうんですが、攻撃だけでなく守備でも素晴らしいプレーを見せてくれる選手こそ重宝されるべきだとは思いますしね。

冷静に分析するなら試合を録画でもして何度も見返せば良かったんですけど、そこまでやるのは面倒なのでサクッと適当になりましたが、今回僕が感じたのはこんな感じです。

ただ守備時にちょっと気になる点は何度かありましたけどね…特に立ち上がりの時はちょっと危なっかしい場面もありましたし…ってそれは終盤も同じか…。

攻守の切り替えを素早く、上手く行う土壌を作る事、そこから更にプラスして行ける事を期待してます。

ただ改めて、ハリルホジッチ監督が目指しているサッカーを行うにはこれまでのメンバーとは違うメンバーにしないとダメなんだろうなぁ…と痛感しているのも事実です。

でも監督が変われば呼ばれるメンバーも変わるのが個人的には当然だと思っているので、それで良いと思います。変に過去の英雄にこだわって負けたり、やりたいサッカーがやれないなんて状況は作って欲しくないですね。

少し前は「最近の代表戦つまんないなー」って思ってましたが、原口元気選手のプレーを見てたら楽しくなってきました。いやほんとに。

これで解任したら頭おかしい

あ、ハリルホジッチ監督の事が大嫌いな新聞メディアが、未だにハリルホ解任論を頑張っているそうですけど、もしサウジ戦を見て「ハリルホ解任だホ!」って言い出したら、本当に頭おかしいと思います。

なんでようやく形が見え始めて、グループ首位相手にあれだけバッチリ「やりたい形」を魅せつけて勝利したのに解任されにゃならんのだと…これで解任されたら本当に「頭おかしいんじゃないのか」ってみんな言いますよ…。

最近のメディアによる「ハリルホイジメ」は正直見苦しいレベルに到達しているので、あれを鵜呑みにする人が増えない事を願うばかりです…なんなんでしょうね、あれ。

スポンサーリンク

-サッカー

Copyright© でろブロ , 2017 AllRights Reserved.