Googleアカウントを作ってAnalyticsとSearch Console設置のやり方【最初に絶対やろう】

投稿日:

Googleアカウント作れ

未だに「WordPressを作ったらやる事」ばかり書いてますが、今回もまたそれです。

今回はGoogleアカウントの開設からGoogle Analyticsと設置とSearch Consoleの設定までサクッと行きます。

こればっかりは本当に最初にやらないと話にならないので、絶対最初にやってください。必要最低限で必要なものです、コレ。

スポンサーリンク

グーグルアカウントを開設しよう

Googleアカウントはブロガーには必須のツールになります。だってGoogle様に媚びを売るのが僕等の仕事ですから…!笑

冗談はともかくGoogleのツールを使う必要があるので、Googleアカウントは本気で必要です。

ってわけでGoogleアカウントを作成しましょう。Googleで「グーグルアカウントの作成」とググレば親切に表示されますが、リンクも置いておきます。

グーグルアカウントの作り方

Googleアカウントは本名で作る必要はないので名前は適当で良いです。ユーザー名はメアドにもなるので真面目に。

パスワードは強固なものにしておきましょう。Googleアカウントを作ったら必ず二段階認証を設定しておきましょう。

参考→Googleアカウントは二段階認証にしないと危険!俺も乗っ取られてたので警告が来た際の対処方を紹介しときます

Google Analytics設置のやり方

Googleアカウントを手に入れたら「Google Analytics」の管理画面に移行しよう。

最初からアカウントを持ってる人はこっちからやりましょう。

公式サイト→Google Analytics

管理画面に入ったら、上部のアナリティクス設定を押します。

左上のアカウントの所を押して「新しいアカウントを作成」をクリック。

アカウント名は自分がわかるものにしましょう。僕は適当にブログのジャンルにしてます。

そしてウェブサイトの名前、これはそのままですね。そしてURLを入力して業種も適当に該当思想なものにすればOKです。

タイムゾーンは当然日本の物にしましょう。

データ共有設定は好きにしてください。僕は全部チェックマークついてます。あんまり気にしてない。

トラッキングIDを手に入れたら、3つの列でメニューが表示されるので真ん中にある「トラッキング情報」をクリックして「トラッキングコード」を押しましょう。

時と場合によって変わってると思いますが、こういうコードが表示されるはずです。この「UA-○○○○○○」の所が貴方のコードになります。

WordPressの場合は正確にはこのコードで「analyticstracking.php」と言うファイルを作成して、テンプレートのページに入れます。そしてこのコードをheaderに入れる。

ってのが正解なんですが、わけわからんと思うので、普通にコードを取得したらそのままそのコードをheaderに貼り付けても問題ありません。

貼り付ける場所

管理画面の左サイドバーにある「外観」→「テーマの編集」をクリック。

次に「テーマヘッダー(header.php)」って所をクリックして

の前に入れちゃえばOKです。

Stinger6の場合

もし無料テーマの「STINGER6」を使っている場合は、サイドバーに「STINGER管理」ってメニューがあるので、それをクリックして開きます。

そして下部にある「Google連携に関する設定」の所に自分のUA-○○○○」ってコードだけ入力すればOKです。STINGER6だと楽ですね。

初心者は大人しくSTINGER使えよなんて思ってません。

Google Analyticsの初歩的な使い方

すっごい初歩的な使い方だけ行きます。

上部メニューの「レポート」でデータを見る事が出来ます。後はもう使い方が幅広すぎてアレなんで、本当にサクッとだけ。

リアルタイム

「リアルタイム」は今現在見に来てる人を見る事が出来ます。最初は0がデフォなので気にする事はない。

人気ブログになったら見よう。バズったらデカくなりすぎる数字に「サーバーが…死ぬ…」とビビりながら見る所でもある。

ユーザー

様々なユーザーデータを見る事が出来ます。どの国から来たのか、ブラウザはどれか、どの地域からか、何度目の訪問か、これまたアクセスが集まってからチェックしよう。

ハッキリ言って最初は不要なので特に気にする事はない。月間ユーザーが1万ぐらい行ったら気にすれば良いんじゃないかな…たぶん…。

集客

最初に最も気にするべき所です。

「キャンペーン」→「オーガニック検索キーワード」を一番見る事になる。ここで誰がどのようなキーワードで来訪したのか見る事が出来ます。

ブロガーに限らずサイト運営者は最初にここを気にしなくてはいけません。SNSからの流入だけで行く気なら「ソーシャル」を見ればOKです。

行動

ユーザーの行動をチェックする事が出来ます。Google AdSenseと紐付けていると、どのページでAdSenseがクリックされているかなどが一発でわかるようになる。

これまた中級者向けのページ。ユーザーがどのようにページを回覧したのかなど、ユーザーの動きをチェックする事が出来る。

記事の書き方などに慣れて集客が出来るようになったらここをチェックして改善点を洗い出す事になります。

コンバージョン

最も大事な所である代わりに初心者には全く関係ない所。

サイトの到達点を設定して、如何に到達点のページまで誘導する事が出来たのかチェックする場所。

ぶっちゃけただのブロガーにはほとんど不要。収益化を目指す人やアフィリエイターには必須。

Search Consoleの設定

管理画面に飛んでまずはサイトの設定をして行こう。

Search Console

管理画面に入ったら右の方にある「プロパティを追加」を選択。

自分のサイトのURLを入力しよう。所有権の確認についてはデフォルトでGoogle Analyticsのトラッキングコードで認証するようになっているので、Google Analyticsを既に設置している場合はそのまま「確認」でOKです。

続いて最初に設定しておくべき「サイトマップ」について紹介します。

左サイドバーにある「クロール」→「サイトマップ」を選択します。

右上にある「サイトマップの追加テスト」を選択。後は底に「sitemap.xml」を打ち込めばOKです。後は送信を押せば完了。

これでサイトマップがGoogleさんに送信される事が確定しましたワッショイ。

最初のうちはFetch as Googleを使うと良いかも

今のGoogleさんは記事を公開したら結構早くインデックスしてくれますが、開設した直後のサイトの場合は、すぐに「Fetch as Google」の所でURLを送ると良いかも知れません。

これは要するに「このURLは僕のコンテンツですよ」って先に通知するようなものなので、初期の時はこれをやっておくとすぐにインデックスされるとかされないとか。

ちなみに僕はやった事ありません、ワッハッハ。

Search Consoleの使い方

Sarch Consoleではサイトの状況について調べる事が出来ます。

どれだけのページがGoogleにインデックスされているのか、仮にペナルティを受けた場合はコチラに通知が行きます。

例えば人様のサイトのコンテンツの真似をしていたり、コピペ(コピーして貼り付ける事)ばかりをしていたら、Googleさんにペナルティを受けます。

つまり「貴方は人のパクリサイトなので、我々の検索エンジンに登録するには相応しくない。だからブロックしますさようなら」ってのがペナルティです。

「低品質なコンテンツ」とみなされたらその時点でGoogleから排除されます。Googleから見れば検索エンジンは「商品」そのものなので、そりゃ低品質なら棚に入れてもらえないのは当然ですけどね…。

自動的なアルゴリズムで排除されたら、そもそも連絡すら来ません。恐ろしいですGoogle様、僕等はGoogle様に支配されておるのです!!

ちなみに意図的に被リンクを与えまくったりしていると、手動ペナルティに引っかかって通知が来ます。

この辺りはSearch Consoleのヘルプにあるので、真剣にブログ運営をする人はちゃんと読んだ方が良いと思います。

Search Console ヘルプセンター

みんなこれを熟読して色々と考えてサイトのコンテンツを作ったりしてるんですよ~。ちなみに僕はあまり考えてません。

Googleアカウントは当然必須ですがAnalyticsもSearch Consoleも必須なので、絶対に最初のうちに登録しておいて下さいね。

これでようやく先に行けるのか…って思ったらまだテンプレートがありましたね…。

Copyright© でろブロ , 2017 AllRights Reserved.