村上アシシ「半年だけ働く。」読んだ感想…超エリートが教えてくれる人生設計本!学生にこそ読んで欲しい

半年仕事・半年旅人、そしてサッカーのプロサポーターを名乗っている村上アシシ氏の「半年だけ働く。」を読破したので、感想を書きたい。

恐ろしい出オチが待っている上に、超絶エリートの勝ち組が「僕はこうして自由を手に入れました、みんなもやってみよう!」と超絶マウンティングかましてくる恐ろしい本でしたが、その超絶エリートの思考と生き方に触れられる非常にありがたい本でした。

個人的にはこの超絶エリートの思考に触れられる場こそ、金を払う価値があると本気で思っているので、まぁKindleなら1,100円だから安いもんです。紙の本は1500円と高いので、Kindleで読もう。

いや本当にアシシさんの時給すげー、そりゃ半年しか働かんで済むわ、なんか高い食べ物でもおごってもらおう。時給見た時点で「そりゃアンタは半年しか働かんで済むわな」と全力で思った。酷い出オチ(笑)

だけど何故そうなったのか?どうしたらそうなれるのか?その理由や、村上アシシ氏の計算高さ、優秀さが詰まった本でした。

個人的には頭がカッチカチに固まったおっさんどもより、中・高・大学生辺りに読んでいただきたい!お前らどうせならこういうエリートになれ!ここまで考えて生きろ!職種も将来性をしっかり見ろ!でないと勝ち組にはなれねーぞ!

と、アシシさんは丁寧な言葉で我々に語りかけてくれている感じの本でございました…。

勝ち組になりたいかー!?

理想的な生活をどうやって得たのか?

帯を読むと「単価を2倍にして働く時間を減らす」と恐ろしい事が書かれてある。

それが出来れば誰も苦労しねーんだよ!

と書いたら総てが終わってしまうが、どうしてそれが出来たのか?それが本の中に書いてある。

ただこれ、あくまで「コンサルタント」と言う上位職で、更にアクセンチュアと言う大企業である程度の地位を得た上で、しかも円満退社をしたからこそ可能だった事が本を読んでるとわかる。

以前からアシシさんは頻繁に前職の会社名をTwitterなどで頻繁に口にしている、更に今回も本の中でも「アクセンチュア」って会社名が頻繁に出てくる。これは普通に考えれば会社から許可を得て掲載しているわけで。

つまり村上アシシさんはちゃんと所属会社とも良好な関係を得たまま退職しているわけですよね。

楽をしたくて独立するのとは一線を画している。完全に足場を固めて、石橋を叩いて叩いて叩き割った上で翼を生やして宙を飛び渡っています。

つまりこの本で書いてある独立って「独立=決別」じゃないんですね。

「会社が嫌だから独立したい」「会社に後ろ足で砂ぶっかけて逃げたい」なんて甘えた根性ではなく、あくまで会社に貢献した上での独立って事になる。まさに自立なんですわ。

総て計算の上で成り立っている

  • 職種の市場規模
  • 会社との友好関係
  • 自分の技術
  • 市場でのフリーランスの立ち位置
  • 自分の資質

全部見極めた上で独立している、要するに「エリートが石橋叩いて徹底したから成立している」事が本を読んでいるとよくわかります。

だからこそ成立しているこの「半年だけ働く。」ある意味では恐ろしい自己啓発本だと思います…(笑)

学生にこそ読んで欲しい理由

村上アシシ氏(あししし)のフォロワーの中には、大量のおっさん(僕とか)の中に若い学生も紛れ込んでいる事でしょう。

大量のおっさんは「俺には無理だ」と諦めてくれても良いし「よーし、パパ独立しちゃうぞー」とダイの大冒険に出ても良いとは思うんですが、それ以前に「まだ仕事を決めてない若者」にこそ僕は読んで欲しい自己啓発書だと思いました。

村上アシシ氏の現状の生活はかなり理想郷的な生き方です。それに憧れている学生諸君らは少なくともいることでしょう。

でもそれをするために村上アシシさんはまず上位職種に就職している、大学もよくわからんが頭良さげな所です。俺大学知らんからわからんけど「東京理科大学」って書いてあるから、頭良いんだろう、知らんけど。

高学歴(たぶん)かつなんか良さげな企業(たぶん)に就職し、そこで数年間業界について学び、仕事について学び、その上で独立している。

まぁ要するに元々勝ち組ですよねと、それだけやれてる時点で(笑)

その「勝ち組系の職種」に入れた上で、実績を積んで独立すればね、そりゃ後は頑張れば頑張るほど稼げるし楽しいよねと。そしたら半年だけ仕事しても大丈夫だよねと、まぁでもそのペースで信頼と自分の価値を維持出来てるのがまた「何この人すごぉい!」と思う所なんですが…(笑)

前置きが長くなりましたが、この「理想的な生活を得るために彼が何をしたのか、どこまで考えているのか」を知っておくのは、学生にこそ必要な部分だと思う。

良い生活をしたいなら、お金が欲しいなら、これらの事を学生のうちから考えておかないとダメだと思うし、実際に最近の若者で化け物な人達はガチで考えてる。化け物ってのは若い頃から化け物なんだよ、化け物怖い!

俺の身近な化け物は中学生の時点で「俺、会社作りたいんだよね」って言ってたからな!実際作ったしな!化け物って怖い!

根本的に重要な事だから早目に知っておいて欲しい

この本に書かれてる事は「これからの時代に必要な事」だと思いました。

これぐらいの強さがないとこれからの時代は厳しい、本当に考え方次第で経済格差がガンガン広がってる気がする。上位の人に触れるようになったからか、最近その危機感が僕の中でめちゃくちゃデカイです。

ここ数年で色々な化け物達と話をさせてもらう事が出来たんですけど、凄い人は本当にたくさんチャレンジして、たくさん勉強して、たくさん失敗して、その上で成功してます。

村上アシシさんも決して本当の意味で半年遊んでるんじゃない、半年間も何かしらをインプットしているんだよね。結局常に全力で何かやってるのよ。

それが全部仕事に繋がっている、遊びも全部仕事にしちゃってる。根本的には「好きな事で生きていく」系だと思います。ただ本業を柱としてしっかり残してあるだけでね。

パッと見ると怪しい人に見えるかも知れませんが、エリートが本気で「快適な人生」を設計した結果こうなっただけで、もっとヤバイ人はヤバイ事やってます、ホントに(笑)

こういう「半年しか仕事しません」って出来るのも、能力があるからなんですよ。その能力を早いうちに鍛えるべき、そのためには勉強し、経験し、考える必要があるんです。それを教えてくれる本でした。

ちなみに僕は半年どころか一年中遊んでいるクズです。お金ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。