CS鹿島vs浦和戦で起きたPKのジャッジは本当に間違っていたのか?マスコミによる審判イジメはやめて欲しい

投稿日:

審判

サッカーのルールに対する知識が浅すぎて過去に痛い目にあっている男、でろりんです。

先日から某メディアによる審判叩きを見ていて正直辛いなと感じていたので、ちょいと今回の騒動に対して口を突っ込みたいと思います。

話題になったのはJ1のチャンピオンシップ決勝戦の第一戦、鹿島アントラーズvs浦和レッズのPKのシーンの事です。

ですが申し訳ない事に僕は今回は試合を通して見ていたわけじゃないので、この試合の「PKについてのみ」焦点を絞ってツッコミをしたいと思います。

ただ先に書いておきたいのは、僕は元々こういうツッコミを得意としてきましたが、自分がツッコミ入れすぎて自分も突っ込まれる立場になった時に「ああ、人から悪意を向けられるのって、結構辛いな…」と思い知って、最近は自粛していました。

今回も出来れば「お前は悪だ!去れ!」などと言いたくはありません。あくまで「こういうのもうやめようよ」的に記事を書いている事を理解して欲しいです。

同じサッカーファミリーなのに「敵だ!」「アイツが悪い!」「アイツはだめだ!」と攻撃的になって、しかもそれが間違った知識で行われているのが辛いから突っ込みます。

突っ込まれる側の皆さん、ご容赦下さい。

スポンサーリンク

PKはミスジャッジだったのか?

まずはこのPKがミスジャッジだったのかどうかを検証したいと思います。Jリーグ様、毎度勝手に動画貼り付けてごめんなさい、許して下さい。

ワガママを言うと話題になったシーンは検証用動画をアップしてくれたら一番嬉しいです。

この動画の26秒付近をよく見てみましょう。

PKのシーン
右端に浦和レッズの興梠選手がいます。ボールは反対側の左上です。

PKのシーン
まず最初に画面右下を興梠選手は一瞬見てます。恐らく西選手のポジショニングも確認してあったのでしょう。この後にさっきの画像のようにボールの方に顔を向けながらポジションを取っています。

PKのシーン
右側から西選手が来ました。興梠選手の背後から来ている事になりますね。

PKのシーン
まだこれはクロスが入った瞬間ですが、既に西選手は興梠選手の背後から体ごとぶつかりに行ってます。

PKのシーン
腰から体全体で背後からドーンとぶつかって行ってるのがよくわかります。

PKのシーン
当然後ろから突然押されたので興梠選手は倒れます。

これでPKを獲得したわけです。さて、これはPKではないのでしょうか?それとも「正当な守備」なのでしょうか?背後から選手に身体ごとぶつかりに行ってファウルは取られないのでしょうか?

この時点で答えは明白な気がしますが、みんな大好き「競技規則」からちょいと引用してみましょう。

「サッカー競技規則」とは、簡単に言うとルールブックです。年々マイナーチェンジもされていますが、審判はこれを読み込んでこのルールの上でサッカーの試合を裁いています。

以前から度々書いていますが、主審のジャッジを批判するなら、これを熟読でもしていないと厳しいです。だって年々ルール変わってますから。

ではパクリ…じゃない引用してみましょう。

競技規則からの引用

http://www.jfa.jp/documents/pdf/soccer/lawsofthegame_201617.pdf

ボールがインプレー時に反則や違反があった場合にのみ、直接、間接フリーキックまた
はペナルティーキックを与えることができる。

1. 直接フリーキック

競技者が次の反則のいずれかを不用意に、無謀に、または、過剰な力で犯したと主審が判
断した場合、直接フリーキックが与えられる:

• チャージする。
• 飛びかかる。
• ける、またはけろうとする。
• 押す。
• 打つ、または、打とうとする(頭突きを含む)。
• タックルする、または、挑む。
• つまずかせる、または、つまずかせようとする。

身体的接触を伴う反則が起きたときは、直接フリーキックまたはペナルティーキックで
罰せられる。

第12条 ファウルと不正行為より引用

「身体的接触を伴う反則が起きたときは、直接フリーキックまたはペナルティーキックで罰せられる」この時点でアウトな気が満載ですが、他にも突っ込みどころは一応あります。

以下は審判もやっているジバニャンのTwitterからの引用です。

「ボールに対してプレーしていない」と書かれているわけです。

今回の接触はボールが来た瞬間に偶然ぶつかったものではなく、相手を後ろから身体ごと突っ込んでふっ飛ばしてポジショニングを取っているわけです。

それはポジション争いとかじゃなくて、単純にファウルなわけです。これを容認してしまったら、身体が大きい人がクロスが来る直前に相手に走ってぶつかれば相手をふっとばせるのでどフリーでヘディング出来てしまいます。

「それが許されたら、もうサッカーじゃないでしょ」って事です。

正当なジャッジをした主審が叩かれる不思議

今回のジャッジについて、選手が叩くのはもう仕方ありません。かつて、でろブロでは某選手がサッカーのルールを間違って認識しており、SNSで批判している事にも突っ込んだ事があります…。

残念ながらプロのサッカー選手はこのルールを完璧に把握してはおりません。

ハッキリと間違った知識を披露してしまう選手も中にはいるんです…今回の試合後の選手のコメントを見ても「あ…この選手わかってないんだ…」と気付いてしまったりもしました。

個人的にはプレーの質を上げるためにも「俺は悪くない!主審がおかしい!」と思う前に「何が悪かったのか?」見返して勉強する事を強く推奨します。

問題点を見つけたら、それ…伸びしろですねぇ~!!

プロ選手の主張を盲目的に信じてはいけない理由

結構間違ってます。それはSNSのおかげで露呈した問題です。だから実は「ピッチ上で選手が違うと言ってるんだから、選手が正しい」と言う認識自体がおかしいのです。

サッカー選手だって人間だから間違える事もあるでしょう。ルールを把握してない事もあるでしょう。僕もSNSで突っ込まれるまで競技規則なんて読んだ事なかったし、読んでも100%完璧に把握している自信はありません。

今も「これ間違って無いよな?大丈夫だよな??」と何度も確認しながら書いているぐらいです(笑)

選手が間違っている事もあるので、選手のコメントを真に受けてはいけません。

スポンサードリンク

マスコミによる不当な主審イジメ状態

今回、僕は家本政明主審は正しいジャッジをしたと認識しています。少なくともPKのシーンではそうです。

ではそれを踏まえた上でこれらの記事をチェックしてみて下さい。

http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20161202/soc1612021700001-n1.htm

 家本主審はJ2京都の職員からプロ審判に転身。「年俸1500万円以上が保証され、専属のフィジカルコーチがいて、完璧なトレーニングメニューを作ってもらっている」(別の協会関係者)という恵まれた環境を与えられている。

 日本協会には25万人以上が審判として登録しており年々増加。その頂点にわずか10人のプロ審判がいる。そんな中、家本主審はフェイスブックで1000人以上と繋がり、その中には浦和MF柏木の名前もある。「フェイスブックをやること自体は責められないが、いらぬ勘ぐりをされるのはよくない」(協会関係者)と頭を抱えるばかりだ。

(夕刊フジ編集委員・久保武司)

最後の著者名でみんな頭抱えそうですが、特に最後の選手との交流について表現する辺り、実にゲスいなと思いました。ゲスの極みですよ。

他にも同メディアからこのような記事もありました。

http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20161201/soc1612011700004-n1.htm

 後半12分のPKの場面を見ていて、ああっ、またいつもの流れかと頭を抱えたくなった。この試合を裁いていた主審は、私が監督をしていた時代から「PKとレッドカードを出すのが大好き」と評されていた。この試合でピッチに立ったベテラン選手、両監督もよく知っているはずだ。

 もちろんスポーツにおいて審判の判定は絶対だから、従うしかない。しかし、この日のPKの判定は、ゴール前のポジション争いで生じるボディーコンタクトが『Jリーグでは一切NG』といっているようなものだ。

 海外のトップリーグなら、誰が見てもPKにはならなかっただろう。この日の鹿島にはホームアドバンテージが全くなかった結果になった。

「ホームコートアドバンテージ」って、決して審判が判定をホームチームに有利にするためにあるわけじゃないんですよ。それじゃただの審判買収みたいなもんじゃないですか…。

こっちの記事は、元監督で解説者の方の署名で記事が書かれているので、それもまた頭が痛くなりました。同じサッカーファミリーなのに、どうしてこうも叩くのか、残念です。

正しい事をしてイジメられる理由がわからない

主審が間違った場合…誤審をして叩かれるのは「確かにこれはいけない」と思う事もあるので、仕方ないとは思うんです。

でも主審が正しいジャッジをしたのに叩かれるのっておかしいでしょう?

なんでルールに則って見事にジャッジをしたのに叩かれるんでしょうか?

どうして複数のマスコミ(僕が把握していないのもあるでしょうし)から叩かれているのか、その現状が辛いです。

ましてやFacebookをそれでやめてしまった…という情報もTwitterのTLに流れてきました。これが事実なら本当に悲しいです。

「正しい事をした奴を皆で叩く」これって学校で起きてたイジメそのものでしょう?それをマスコミを使ってみんなでやって…その現状が凄く悲しいです。

審判は選手の敵なのか?

冷静になって考えて欲しいんですが、審判はよくサッカー界で「敵」「悪の象徴」「八百長の象徴」みたいに語られる事があります。

ですがそれやって主審にメリットありますか?

CSの第一線で誤審やらかして、主審にメリットありますか?

浦和レッズの選手と交流があるからと、浦和を勝たせて主審にメリットありますか?それでお金もらえますか?仕事が減ってお金がなくなるのに、それでも柏木選手のために不正を働くんですか?

違うでしょ?逆でしょう?少しでも正当なジャッジをして「アイツはいい仕事をするな」と思ってもらった方が、お金がもらえるでしょう?

大事な試合でジャッジをして、試合担当が増えれば増えるほど、儲かるでしょう?

それが仕事でしょう?わざわざ八百長するメリットなんかないんですよ。ホームコートアドバンテージ与えるメリットもないんですよ。

審判は常に公平にルールに則って裁くのが仕事なんですよ。別に誰かの敵じゃないんです。みんなルールに則ってプレーしようね、と言うだけの存在なんです。

ルールをわかってない人が叩く不思議

今回の件、100%とは言いませんが家本政明主審のジャッジは正しいはずなんです。恐らくちゃんとルール勉強した人は8割以上は正しいと言う…はず…たぶん…少なくとも僕が知ってる審判クラスタの大半は正しいと言ってます。

本当にこれなんですよ。それを一般人がやるのは仕方ない。文句を言う自由もあります。

でもマスコミがそれやっちゃだめでしょう。ましてやサッカー関係者がそれやったら、辛いですよ。

同じサッカーファミリーに背中から撃ち抜かれたようなもんですからね今回の記事って…特に監督・解説やってる人に「こいつ昔から嫌い」って言われたら、僕なら泣いちゃいますよ。

サッカーファンの皆さんから「こいつ嫌い」って言われてますね僕…そう言えば…泣いておきます…(笑)

審判についてもう少し考えて欲しい

サッカーに限らない話しだと思いますが、審判についてもう少しみんな考えて欲しいです。

「今日は◯◯だからだめだ」とか言ってませんか?

「現地だからジャッジが正しいかわからんけどブーイングした」とか言ってませんか?

「選手が怒ってるから審判が間違ってる」とか言ってませんか?

「解説者が怒ってるから審判が間違ってる」とか思ってませんか?

みんな間違えますよ。審判だって間違える事はありますが、今回に関しては完全に周囲の人が間違えています。

ファンも、選手も、審判も、解説も、みんな間違えますよ。間違えた人をガンガン叩きまくるのもやめませんか?そんなギスギスした世の中つまらないでしょう。

特に今回の件、家本政明主審が間違っているとは僕は思えないので、よけいに見てて辛いです。

正しい判定をしたのに、無知な人に叩かれてメンタルやられてFacebookをやめるとか、つらすぎるでしょう…。

一応書いておきますが、僕は別に鹿島アンチじゃないですし、西選手を叩くつもりで記事を書いたわけじゃありません。ただ「今回に関しては全く主審は悪くないでしょ」って言いたいだけです。

スポンサーリンク

-サッカー

Copyright© でろブロ , 2017 AllRights Reserved.