ロシアW杯の日本vsベルギー戦で感じた事まとめ…善戦はしたけどリードしてからの高さ対策が明暗を分けた試合だった

ロシアワールドカップの日本代表はご存知の通り、3-2でベルギーに敗れるという悔しい結果に終わりました。

そんなに分析なんてしてないんですけど、最低限「これは言っておきたい」って思った事がいくつかあったので、適当ぶっこきたいと思います。

最後の最後でやっぱ「無計画」が露見したよなぁ…って改めて思ったわけです。

もちろんここまで行けるとも思ってなかったからってのもあるかも知れませんが、やっぱり日本にとって「高さ」はいつまでも弱点だよ。そこの対策が出来てなかった、2006年のオーストラリア戦を思い出したよね。

2点奪うまではよく頑張ってた

もちろんお互いに守備がアレだったり、色々アレなシーンはありましたが、それでも日本代表は頑張ってたと思います、本当に。

吉田麻也選手なんかは普段からプレミアでやってるだけあって、あんなにゴッツいルカク相手にでもそこまで負けてなかったので「やっぱ海外で普段からゴッツイ人達とガツガツやってる人は違うなぁ」と改めて思ったものです。

Jリーグでやっている人から見れば全員が助っ人外国人レベル以上なんだから、ヤバイよね。

原口元気選手の先制ゴールも素晴らしかったし、乾貴士選手の無回転ミドルも凄かった。ぶっちゃけどちらも「普段からそんなシュート打ってましたっけ?」って言いたくなるぐらい、ファインゴールだった。

勝負どころでアレが出せる事が素晴らしいし、原口選手なんかあんだけ走り回った上でのスプリント、更にファーに打ち込んだと言う、鳥肌が立ちましたよ。いやどっちも。

問題はその後だったわけでして。

高さ対策に何も出来なかった

ベルギーに対してなんだかんだ危ない場面を何度か作られながら(特にアザールのポスト命中の時はやばかった)も、なんだかんだ日本代表は結果論守れてました。

んでそうなると「足元より高さだな」ってなるわけですよね、わかりやすく長友佑都さんの所も高さが穴になるわけですし。

そこでわかりやすく凄いアフロのフェライニ入れてきて「おーい、こっからハイボール入れまくるぜ、サイドからはCK狙いで行くぜ」とベルギーは僕達に教えてくれました。

そこでの対策が何もなかった。ってか取りようがなかったっぽいのが最大の敗因だったなと。

選手交代をして植田なり槙野なりを入れてそれこそ3バック(ぶっちゃけ5バック)にする手もあったろうし、普段の守備が崩壊する恐れもあるけど本田圭佑を入れてセットプレーのみでも高さ対策をするなり、そういう判断が出来なかった、ってかたぶん想定されてなかったのでは…。

やっぱ「高さ対策」も一つの手でして、日本がドン引きで守ったらなんだかんだそこそこ固く出来るのは以前から証明されてて、そこで今回はカウンターでぶった切る事にも成功したと、そしたら今度は強豪が「じゃあ高さで圧力かけるわ」に切り替えてきたわけで、オーストラリアにもやられましたけど、それ以上の怖さがありました。

明らかにプレーでもシュートを無理に狙わずCKにする展開を増やしてきましたよね。

その結果CKはベルギーは10本も得ている、日本も6本得ていますが、倍近いCKを取ってきているわけなので…ベルギーの方が責めてたからってのも当然ありますが、後半に入ってからは明らかにベルギーがCK取りに来てましたからね。

1点目もCKから

1点目は正直不運もあったと思いますが、何にせよきっかけはCKからです。

そのCKもフェライニはわざとCKにさせたようなプレーでした。失点自体は本当にたまたまと言うか…あんなのが入るなんてありかよ…ってシーンでしたが…まさかあそこからファーにループシュート(しかも偶然)が来るとは誰も思いませんよねと…。

2点目もCKから

んでまぁ言うまでもなく2点目もCKからでした。

結局ベルギーに高さで押し込まれた形、一度は弾いたものの再度サイドから上げられてまさにアフロのフェライニさんが頭で決めた。ベルギーは2点を奪われて即座に高さに切り替えて、その高さで日本のゴールをこじ開けたわけで…。

ルカクの近くには吉田麻也がいて、フェライニの近くにいたのは長谷部誠でして、いくら長谷部でもあんな大きなアフロ相手に純粋な高さ勝負はキツイです…。

高さが欠点なのはわかりきっている事

改めて日本に高さがないのなんて誰でもわかりきっています。

となると高さを持っているチームはそりゃそこを突いてきますよね。フェライニなんてわかりやすすぎるカードです。ゴッドケネディよりわかりやすい。

そこで「じゃあこっちもパワープレー対策でこいつ入れるよ、そんなの想定済みやで」が出来なかったのが今回痛かったなと、ここはもう監督交代のゴチャゴチャが効いてる感じでした。

じゃあ何が悪いって、そりゃ上層部が悪いわけですよ。

大会直前に監督交代をしてプランを全部ぶっ壊したのが悪い、結局そこに尽きる。

いやまぁハリルホジッチが絶対に高さ対策してたかって言われればわからんけど…(笑)

準備がなければ対応出来ない事を実感

当たり前ですけど、準備がなければ対応出来ないんだなぁって事がよくわかった試合だったと思います。

ベルギーにはその準備があった、アザールっていうめっちゃ早くて上手いお人が10番でキャプテン背負ってんのに、そのアザールに「お前もう黙ってクロス上げとけ」って言える戦術と選手選考のオプションがしっかりあるわけじゃないですか。

ルカクが最初からゴリゴリなのは当然として、そこにアフロも飛び込んできてわーお高ーいって言う卑怯技が使えるわけで、酷すぎるわ。

日本はまだあくまで「ベスト16で奇跡」って状況なわけで、そこでこっちも別のオプションがなければそりゃ詰むよなと、途中までは良い勝負が出来てただけによけいに悔やまれる。

その「別の対応」が出来ない時点でやっぱ勝てないよねと、日本人である以上、世界で戦う際に「高さ対策」って必須だと思うので…それにしても吉田麻也はよく守ってたな…ありゃ凄いわ…(笑)

最後の失点について

色々言われてますが、個人的にはCKの選択肢は仕方ないと思ってます。もちろん別の意見があるのは当然として、個人的に思ったのは以下の通り。

  • 酒井宏樹等、守備の要が既にバテている
  • 交代選手で同様に戦える選手がいるか微妙、特に吉田と酒井宏樹の代わりには誰もなれない
  • 次はブラジル戦が控えているので延長戦を出来れば避けたい
  • 直前の本田圭佑のFKがめっちゃ良いコースに飛んでおり「これ決めれるんちゃうか」ムードがあった。勢いが既にあった。
  • 大半の選手がバテており、延長戦に入ったら更に押し込まれる可能性が高かった、ラストワンプレーだし賭けたくなった

って言う思考で、あそこはCKで狙いに行くのはわかる。もちろんそのCKが直接相手GKにキャッチされてカウンターに繋がってしまったので「結果論失敗だった」のは間違いありませんが、強気で「決めに行く姿勢」を見せたのは、気持ちはわかるしむしろ褒めたい。

安牌と言うか、逃げの姿勢見せたら終わりだと個人的にも思ったので…それで最悪の結果が出たので偉そうな事は言えませんが(笑)

山口蛍はもう少し詰めてディレイするべきだったか

相手がデ・ブルイネってのも悪かったかも知れませんが、失点シーンを見るとほぼ山口蛍選手が棒立ち状態になっていた。

出来ればもう少しだけ詰めてディレイ(簡単に言うと相手にプレッシャーかけながら一緒に下がる)を選択するべきだったのではないかと、それがセオリー。もしくはファウル出来るならファウルで止める、退場の可能性もあるプレーですが、それぐらいヤバイシーンだった。

それがもし出来れば、止められた可能性はあった。退場する可能性もありますけどね。

でもその背後にいた長友佑都選手と長谷部誠選手は、人数が足りてない状況でも二人で上手くポジショニングを取っていたのが確認出来ます。NHKの公式アプリで是非見て欲しい。ワールドカップだから怖いしスクショは撮りません(笑)

( ・(ェ)・)つNHKのロシアW杯特設ページ&アプリが最高過ぎる件…マルチアングルや戦術カメラがデフォでついてて無料で見放題やで

途中でルカクから長友が離れてサイドの選手へ行って長谷部がルカクに代わりについて、そこにクロスが来た、本来なら無理矢理打ったり、トラップしちゃったり、ブロックされたりするべきシーンだった。

そこでスルーですよ、わけがわからない。もちろん後ろにいた選手達が「スルー!」って叫んだ事でしょう。でもスルーですよ、あの状態で、あの疲労で、あの時間帯で、あの展開で、スルーですよ。

あんだけシュート外してきて、一応エースFWなのに、そいつがスルーですよ、意味がわからない。エゴ出して強引に打って外せよと、散々打って外してきたくせに、あそこでスルーでしょ、なんぞそれと。

敵ながらあっぱれ…ボールホルダーにノープレッシャーにしてしまったのは失態かも知れませんが、あの絶体絶命の状況で可能な限りの対応はある程度やれてたと思う。特に長谷部と長友(たぶん)はやれてた、でもそれを上回ってきた、あれはキツかった。

意見は結構分かれそう

そりゃCKで時間稼ぎをすれば延長戦には持ち込めたかも知れない、でもそこでも押し切られないとは言えなかったんだよね…だからこその強気の勝負。僕はそこを「ミスだ」とは言いたくはないなと。

弱者なりの意地だったと思いますし、最後まで勝負を仕掛けた証拠。個人的には延長戦に逃げて、そこで押し切られた方が辛いですし、まさかあんなパーフェクトカウンター出されるとは思ってなかったし…あそこで走ってくるんですね強豪って…。

ちなみにデータの走行距離的には、両チーム一緒ぐらい走ってますからね。

山口蛍選手の対応についての是非とCKでの判断は、まぁ人によって意見が分かれそうですね。僕は「強気で行くべきシーンだった」と思いますけども、延長戦に持ってく選択をすべきだったって考えの人も当然いると思いますし、そこまで否定はしません。

ここから日本サッカーの地獄が始まりそう

問題はこれからかと、ベテラン揃いで挑んだワールドカップ。外国人監督を意味不明な解任、でも決勝トーナメントまでは行けてしまった。そしてベルギーにも惜しい試合は出来た。

結果を見れば「準備不足で負けたよね」なんですけども、そこを認めずに「適当にやっても行けるやんけ」「直前の監督交代行けるやんけ」と上が勘違いしたらヤバイ事になる。

サッカーの歴史的に、解任ブーストは長く続かない事も証明されてるし、ワールドカップ直前に監督交代をしてGL突破したのも日本代表が初だったはず、それぐらいの異例。

そもそも頻繁に監督交代を繰り返しているチームがどんどん崩壊している例もクラブでゴロゴロある、そういう悪手を打ったのも事実だったわけで。

今大会の主力の大勢が日本代表を去る中で、新しいチームをどう作ってくのか、改めて「アジア予選と本大会が別物過ぎてヤバイ」事も再確認。果たしてどう作っていくんでしょうね。

何にせよここ10年近く、大好きだった選手達のワールドカップ、日本代表としてのキャリアが終わってしまった事を寂しく感じております。

ここから急激に世代交代をせにゃならんわけで、果たして上手く行くのか、今大会の失敗も出来れば次に繋げて欲しいですね。

2点リードした状態から結局3点奪われているわけなので、そこまでひっくり返されるのはやっぱダメですよねと…予想はしてましたが見事にバタバタして何も出来ずに点を積み重ねられたので…辛い。

これからどうなるんでしょうね日本代表。