素晴らしい補強をした2019年の名古屋グランパス様に謝罪をさせてください

大変申し訳ありませんでした

先日、僕はブログで名古屋グランパス様にこのような文章を書いてしまいました。

( ・(ェ)・)つ名古屋グランパスは玉田圭司だけは絶対に放出をしてはいけなかった理由…計算出来る選手はベンチに絶対必要

この度は大変失礼な事をしてしまいました…心からお詫び申し上げたく、ブログを書かせていただきます。大変失礼いたしました。

ではどのような事が起きてしまったのか?サクッと紹介していきます。

とんでもない補強をしてきた名古屋グランパス様

名古屋グランパス様が玉田圭司選手の契約満了を言い渡したと聞いて、私は過去の悪夢を思い出しました。

確かに前例があったのです。それはDFラインのスタメン3人を放出して、若手を起用する事になったあの悪夢です。増川隆洋、阿部翔平、田中隼磨の三人を一気に切った結果、DFラインが崩壊して、名古屋グランパスは一気に弱体化しました。

その時に声高に「ポジションは与えるものではなく、奪うべきであり、ベテランはベンチに置いておいた方が計算できて良い」と言う事をワタクシは素人の分際で言ってしまいました。

今回もこの悪夢が繰り返されるのではないか?中盤は明らかに玉田圭司に頼っていたのに、何故スタメンだった選手を切るのか?理解が出来ない

ワタクシは生意気にもこのように語っていました。

ですが今回の名古屋グランパス様はこれだけの選手を獲得しました。

名古屋が獲得した選手達

  • 宮原和也完全移籍で獲得=右SB安泰(ボランチも可)
  • ガブリエル・シャビエル完全移籍=攻撃安泰
  • 伊藤洋輝期限付き獲得=ボランチ期待の若手枠補充
  • マテウス完全移籍獲得=当たれば大きなガチャ枠補充
  • 米本拓司完全移籍加入=ボランチ暴れん坊獲得
  • 吉田豊完全移籍加入=一番手薄だった左SBに日本代表候補クラスキタコレ

と言うわけで大雑把に見ても、玉田圭司が抜けて困っていたセントラルMF(ボランチでも良し)枠には最低でも4人が入ります。いやまぁ他の選手もやれるかもですが。

  • ネット(最初から離脱してますが…)
  • 小林裕紀
  • 長谷川アーリアジャスール
  • 伊藤洋輝
  • 米本拓司
  • 和泉竜司(便利屋)
  • 宮原和也(便利屋2)

うむ…まぁ…これだけいれば…玉田圭司を契約満了するのもわかるかな…。

昨季からいてある程度計算が出来る選手だけでも

  • 小林裕紀
  • ネット
  • 長谷川アーリアジャスール
  • 和泉竜司(いざとなれば)
  • 宮原和也(戦術次第)

でやれるわけです。いやまぁ他にもやろうと思えば別の選手で代えは利くでしょう。

まぁこれだけある程度の計算が出来るなら…うん…良いかな…って思っちゃいました…。

補強のバランスが(・∀・)イイ!!

それよりも全体のバランスが良すぎて「おいおいウイイレかよ」って思うぐらい、良いバランスで選手補強をしてくれました…。

これぞ金満クラブ、これぞ世界のTOYOTAの子会社に相応しいと思いました。札束アタックで大事な選手達を強奪する難きクラブ、それが名古屋グランパスなのです。

これぞ世界のTOYOTAをバックに持つヒールに相応しい、こんな名古屋の姿を僕は待っていた。

是非このまま金に物を言わせて、移籍金をガンガン支払って「金が無いクラブが悪いんでしょ?この移籍金で他の選手でも獲得してくれよ…」と選手をガンガン寄せ集めて、風魔サッカーで良くも悪くも「何このチーム…」って突っ込まれるチームを作って欲しい所です。

やるサッカーがどうなるかは当然蓋を開けてみなければわかりませんが(風魔サッカーですし)所属選手自体は非常に良い感じです。

FWには赤崎秀平を置けるようにもなりました。ジョーがアクシデントで離脱した時にヤバイんじゃないの?って思ってた所ですが、風魔サッカー経験者を置く事で「まぁ何とかなるっしょ(適当)」感が増しました。いやまぁジョーは特殊過ぎて代わりになる選手はあんまりいませんが…。

でもまぁジョーが抜けた場合でも、赤崎、シャビエル、相馬、前田、青木(最初から離脱中)、杉森辺りから選べるのは結構ワクテカさせてくれます。相馬、前田は十分デフォでスタメンクラスですし…。

シビアに言えば相馬さんはスーパーサブ(死語)が最も生きるとは思いますが…。

FWだけでもこの贅沢具合、良い感じです。ただしジョーとシャビエルが同時に離脱したら昨年同様お手上げなのは変わらないと思います。凄すぎるこの二人が。

吉田豊加入が大きすぎる

MFに関しては米本、伊藤の加入で「わーお」って思いましたが、冷静に考えたらアーリアもいますし、まぁ良しとして。

問題はこれまで厳しかった左SBです。これは阿部翔平が抜けてからずっとキツくて、金井さんも良いっちゃ良いんですが、守備がどうしてもね…キツかった。

そこで吉田豊さん、長髪だった頃の面影は全く失われて、鳥栖で坊主頭になってから「こんな嫌な人でしたっけ」ってぐらい嫌な人でした。とてもパワフルな坊主頭で「良い選手になったな~」ってビックリしたものです。

その吉田豊さんが来てくれたので「これで和泉が左SBに置かれなくて済む…」とホッと一息、本人も嫌だった事でしょう。気がつけばDF登録になってた、気のせいか最初はFWだったような…。

これで吉田、金井が左SB(もしくはSH)で置けるので、4バックでも3バックでもまぁ、何とでもなるでしょう。蓋を開けたら和泉が3バックの左やらされたりしそうな気もせんでもありませんが、そこはまぁ風魔サッカーですから…。

右サイドは宮原、菅原に期待。菅原さんがどうなるか凄く不安ですが、宮原をたまには休ませないと昨季みたいに終盤にぶっ壊れる可能性もあるので、やっぱそこはね…適度に休ませられるようになりたい…いやホント…ブラック企業よくない…。

チーム編成は可能な限り完璧に近い出来だと思う

フロントと言うべきか、強化部と言うべきか、非常に良い仕事をしてくれたと思います。

宮原とシャビエルの完全移籍の時点で金が空になったのかと思いきや、ガンガン補強してきてビビりました。

マテウスが来た時点で「わお」と思ったのに、その後は米本、吉田が来て「生意気を言って大変申し訳ありませんでした」と思っていた所を赤崎がさんでトドメでした、感服いたしました。

ってわけで本当に見事に穴を埋めて行ってくれました「ウイイレならこれぐらいやる」って言うような補強をしてくれまして「オイオイすげぇな」としか言えません。

これだけの補強をするなら、そりゃ玉田圭司さんを契約満了するわなと、若返らせるだけじゃなくて経験のある中堅などもドバドバ入れてきました。うーんお見事。

問題は風魔サッカーで綺麗に機能するかは完全に未知数な事、やってみなければわからない。そういう意味では確かに確実に計算できる玉田さんが抜けたダメージはありますが、この編成なら期待感の方が上回ります…。

名古屋グランパス様、ド素人が生意気を言って大変申し訳ありませんでした。生き恥を晒すために記事は残しておきます。

今季の編成で結果出せなかったらヤバそうなレベル

逆に言えば「これで結果が残せなかったら風間監督がボロクソ言われても仕方ないな」と思えるレベル。

残留争いに巻き込まれる時点で「このメンバーで?」って言われてしまう事でしょう。最低でも中位、出来れば上位争い、可能ならACL争いに食い込みたいメンバーになっております。

全部を見たわけじゃありませんが、少なくとも今季のJ1編成ではトップ5に入る補強を確実にしたでしょう。2018夏からの補強がヤバ過ぎる、どんだけ金かけてんねんってレベル

ただそれは恐らく観客動員なども関係しているとは思います。見ていると本当に鬼のように観客数が増えています。

それも風間監督が就任してから、ですから「風間監督のおかげ」とも言えるとは思いますし、個人的には「現地に見に行ってるみんなのおかげ」だとも思います。

そういう意味で、完全に外野でライト層な僕としては「皆さんに感謝」な感じです。2019シーズンはあまり名古屋の試合も見ないかなー?って思ってましたら「やべぇこれは見たいぞ…」と思わされました、やられました。

ってわけで今回は僕の無能っぷりを懺悔するブログ記事でした。いや大雑把に見てただけで「おいおい何この補強ww」ってワクテカする補強でした。

もしこれが「観客動員が増えたおかげっすわww」って話ならハッキリと公言して良いと思う「みんなが見に来てくれるから、こんなに予算増えたよ!」って伝えて良いんじゃないでしょうか?

もしそうならまさに「みんなで選択肢を広げ、みんなで強くなろうとしている」って状態だと思います。もちろんこれで2019年に一気に順位をあげられたら、まさに「この風に乗ってどこまでも行こう」って事になれますね。

外から見てるだけでもワクワクしますよこんなの、うーん面白くなってきたなぁ名古屋グランパス。

どうでも良いけど、この選手層で杉森キュンは試合出れるんだろうか…出れないようではプロではやっていけないって事なんだろうか…どうなる…気になる…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。