楽天銀行を使って金利を引き上げて更にポイントで稼ぐと年間でいくらもらえるか?

今回は僕が愛用している楽天銀行についてお話をしたいと思います。

銀行の話をすると投資家の皆さんにフルボッコにされますが、僕は「いつでも動かせるお金」を置く場所として最適なのが銀行口座だと思っています。

ってわけで楽天銀行の金利の話です。少しでも多くお金を手に入れる事が出来るように、少しでも金利の高い場所に置く事をオススメします。

ちなみに楽天銀行へのリンク等も貼っておくので、そっちから申し込んでくれると僕に楽天ポイントが入ります。そっちも良かったら使ってやってください、うへへへ。

ではよろしくお願いします。


公式サイト→ 楽天銀行

楽天銀行のメリットはお金が増える事

楽天銀行に限らず、ネットバンクは金利が高いです。イオン銀行なんかも高いので、イオン大好き人間はそっちにGO。僕は楽天経済圏に生きているので楽天銀行を使っています。

では楽天銀行の何が良いのか?それは金利です。

楽天銀行のデフォルトの金利は年間0.02%です。これは1,000万円を口座に入れていても、年間2,000円しか増えない計算です、ワロス。

これを楽天証券を併用する事で、0.1%まで引き上げる事が出来ます。マネーブリッジというやつですね。

これで年間1万円に引き上げが可能です。1,000万円も預けて年間1万円しか増えないの、まぁ理不尽ですけどノーリスクである事を考えればまぁ良いかなって感じ。

ペイオフ制度内ならノーリスク

ちなみにペイオフ制度というのがあって、簡単に言うと金融機関が破綻した場合1,000万円とその利息等については保証される制度です。

当然ですが楽天銀行も1,000万円までは保証されます。1,000万円以上を預けて初めて、金融機関が破綻した時の事を心配してください。

ちなみに楽天証券講座を開設する事で、楽天証券からFXやつみたてNISAなんかも始める事が出来るので一石二鳥、同じ楽天で開設するからお金の移動もとってもスムーズ、更に楽天市場でもらえる還元率も上げる事が出来て、一石三鳥となります。うーん便利!!

楽天ポイントもザクザク貯まる

楽天銀行を使う事で楽天ポイントもザクザク貯まります。給与の受け取り、振り込み、振替でもポイントが貯まります。

無料で使えるハッピープログラムなんてのにエントリーすれば、振込手数料も月間で3回無料にする事も出来ます。

ハッピープログラムにはランクがあるので、ランクによって特典が異なります。

支払った時もポイントが貯まり、振込があった時もポイントが貯まります。どれだけポイントを自分がもらっているかも把握していませんが、これだけでも他の銀行より確実にお得です。

金利も高ければ楽天ポイントも更にもらえる。そりゃ使った方がベターって事です。

使い方によってポイントの貯まり方は違います。知らない内に増えてるからまぁ普段使いで触ってりゃ良い感じ。何にせよ「使えば使うほどお得」です。

銀行の金利は基本低い

UFJの金利は0.001%です。1,000万円を預けても100円しかもらえません、完全にワロスです。預ける意味なんてほぼない。

この時点でどっちに預けた方がベターか、僕は楽天銀行を選びます。元々は親に作られたUFJ銀行の口座を僕は長年使ってました、ワッハッハ。

使うべきは普通預金

銀行口座に置いておくお金は、僕は基本的には「いつでも自由に使えるお金」だと思っています。

僕は自営業者なのでいつどこで何が起こるかわかりません。まぁ会社員の人も会社が倒産したら同じなので、余分にお金は持っておいて損はありません。

んでここで定期預金や保険や証券口座に大量にお金を入れておくと「しまった唐突に100万円が必要だ!」って時に困る事があります。

僕なんかはいきなり「新しい事業を始めるから300万円必要だ」なーんて事もありえるわけです。その時にすぐ動かせるお金が必要。そのために銀行口座に必ず数百万円は置いておかないといけません。

そういうまとまったお金を置いておく場所を僕は楽天銀行にしています。そうすればまぁ年間数千円はもらえるわけですから、まぁ良いだろうと。

定期預金をオススメする人もいますが「いざって時に崩すお金」は個人的には良いと思いません。定期預金を使うぐらいなら、自営業者なら小規模企業共済、会社員ならiDeCo、そしてNISAに使う方がよっぽど良いと思います。

金利の明確な違い

年間で言えば300万円を置いていても3,000円にしかなりませんが、これを仮に50年間続けたとすると?3,000×50=15万円となります。

これまた特に何かをしているわけでもない、ただ「すぐ必要なお金を置いているだけ」の状態です。それでも50年間続けたら15万円になります。UFJの場合はいくらになるのか?

300万円×0.001%=30円×50=1,500円と、100倍の差になるわけですよね、うん辛い。

定期預金よりは投資に使おう

個人的に思うのは、定期預金とかに預けるぐらいなら投資やった方が良いと思っています。

楽天銀行でも定期預金なんか0.12%とかそんなもんですから、そういうのに「動かせないお金」を入れるぐらいなら、証券口座作ってそっちで遊んだ方がよっぽど楽しいです。人生を賭けたギャンブルを楽しめます(笑)

今はコロナショックで相場も大変な事になっているので、非常に楽しめますよ。僕も毎日赤字が増えていってます、ワロス。でも逆に言えば、下がってから買って、もし上がったら夢が待っているので、まぁ楽しいですよね。

個人的にはお金は「今すぐ動かせるお金」「将来のために動かせないお金」として見るべきだと思っています。

動かせないお金を大量に作るのは良くないですね。特に「定期的に絶対に入れないといけない物」を大量に作るべきではない。

どうせ動かせないお金を作るなら、60歳まで下ろせないiDeCoや、廃業するまで下ろせない小規模企業共済等を利用して、節税も込みで運用する方がベターだと思うわけです。

銀行口座に入れるお金はあくまで「動かせないお金にある程度投資をした上で、残ったお金を入れるもの」だと思っています。

楽天銀行はポイント稼ぎも強いからベター

色々と「どうすれば楽をしてお金を増やせるか」考えた結果ですが、僕や周囲の経営者の結論としては「最強は自分の事業への投資」だという結論が結局出てます。まぁそんなもんです(笑)

投資も生半可な知識でやったら養分になって終了なので、あまり本腰を入れてやる気は実は僕にはありません。遊び程度ですね、まさに社会勉強にもなるし。

今回お話をした銀行口座に預けるって話は、自分にとって必要なお金を置く場所によって金利が大きく変わるよって話なわけで、ほんの少しでも金利が高い所に置いた方がそりゃ良いよなって話。

本気でお金を働かせたいなら投資一択、ただしハイリスクハイリターンですって事です。そこまで本腰を入れるならどうぞ。

ちょっと銀行口座を変えるだけで金利が10倍になるなら、それで良いと思いませんか?

チリも積もれば山となる

まぁ結局こういうのはチリも積もれば山となるのパターンでして、ハッピープログラムでちまちまポイントが入ってきて、更に金利で毎年数千円が手に入る感じ。

本当にちまちました物ですが、これが積もるとヤバい金額になるってわけです。

ちなみにこれ事業でも同じです。毎月数万円を稼げる案件を一個づつ増やすとか、そういうちまちました物が最終的に月収100万円とか、200万円に繋がるわけです。

一つの事業でドカンと稼ぐのも良いけど、そうなるとその事業が潰れたら全部ぱぁです。そこで複数に分けて稼ぐと、一つが潰れても大して痛くないという図式が出来ます。

なのでお金稼ぎは基本こうやってちまちま稼げるのを乱立させる方がベターだと僕は思ってます。もちろん収入の柱として何か一つドカンを持っておくのも大事。

金利よりもポイント稼ぎが最高

楽天市場のスーパーポイントアッププログラムでも、楽天銀行プラス楽天カードで1倍、楽天証券で500円以上のポイント投資でプラス1倍、って感じで増やす事が出来ます。

僕は積立NISAでさりげにポイントも合わせて支払っている上に、楽天カード支払いも兼ねているので、ちゃんと毎月この分もポイント稼ぎに加算されています、ワッハッハ。

こんな感じで僕は楽天証券と楽天銀行をあわせて使う事で、更に楽天ポイントを荒稼ぎしているわけです。

結構頻繁に楽天ポイントは使って贅沢しているつもりなんですけど、元々が貧乏性があるので嫌でも楽天ポイントが減っていかない感じになってます…。

ってわけで楽天銀行を使う事も皆さん考慮してみてください、個人的にはすっごく良いと思いますよっと。

これだけで僕は楽天ポイントでの年間の稼ぎは、恐らく一般人の月収分かそれ以上になっています。それだけ行ければ上等でしょう?

大雑把に年間30万ポイント稼いでるとして、それを50年続けたら1,500万円ですからね。デカ過ぎますよ。


公式サイト→ 楽天銀行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です