セリエA第2節 パルマ 4-5 ACミラン 本田圭佑が1ゴール1アシストの活躍も全てが吹っ飛ぶ伝説のバカ試合へ

投稿日:2014年9月15日 更新日:

セリエA第2節 16位パルマvs3位ACミラン 試合の感想です。


出場選手

Away:
ACミラン

GK 23 ディエゴ・ロペス
DF 2 マティア・デ・シーリョ
DF 20 イグナツィオ・アバーテ
DF 25 ダニエレ・ボネーラ
DF 33 アレックス 後半17分
MF 4 サリー・ムンタリ
MF 10 本田圭佑 後半17分
MF 16 アンドレア・ポーリ
MF 28 ジャコモ・ボナヴェントゥーラ
MF 34 ナイジェル・デ・ヨング
FW 7 ジェレミ・メネス 後半41分

Home:
パルマ

GK 83 アントニオ・ミランテ
DF 6 アレッサンドロ・ルカレッリ
DF 11 パオロ・デ・チェーリエ
DF 13 ステファン・リストフスキ
DF 19 フェリペ
MF 21 フランチェスコ・ロディ
MF 80 クリストバル・ホルケラ 後半27分
FW 5 アブデルカデル・ゲザル 後半20分
FW 10 イシャク・ベルフォディル 後半34分
FW 30 アフリイェ・アックア
FW 99 アントニオ・カッサーノ


ベンチ入り選手

GK 1 ミカエル・アガッツィ
GK 32 クリスティアン・アッビアーティ
DF 13 アディル・ラミ 後半17分
DF 14 ミケランジェロ・アルベルタッツィ
DF 17 クリスティアン・サパタ 後半17分
DF 27 パブロ・アルメロ
MF 15 ミカエル・エシアン
MF 21 マルコ・ファン・ヒンケル
FW 8 リッカルド・サポナラ
FW 11 ジャンパオロ・パッツィーニ
FW 19 ムバイ・ニアング 後半41分

GK 1 アレックス・コルダツ
GK 22 アレッサンドロ・イアコブッチ
DF 4 ペドロ・メンデス
DF 15 アンドレア・コスタ
DF 18 マッシモ・ゴッビ
DF 33 アンドレア・リスポリ
MF 8 ホセ・マウリ
MF 14 ダニエレ・ガロッパ
MF 70 ルーカス・ソウザ
FW 17 ラファエレ・パラディーノ 後半20分
FW 20 スフィアヌ・ビダウィ 後半34分
FW 88 マッシモ・コーダ 後半27分


得点者

ジャコモ・ボナヴェントゥーラ(前半25分)
本田圭佑(前半37分)
ジェレミ・メネス(前半45分)
ナイジェル・デ・ヨング(後半23分)
ジェレミ・メネス(後半34分)

アントニオ・カッサーノ(前半27分)
フェリペ(後半6分)
アレッサンドロ・ルカレッリ(後半28分)
O.G.(後半44分)


警告・退場者

ダニエレ・ボネーラ(前半16分)
ダニエレ・ボネーラ(後半13分 二枚目退場)
ナイジェル・デ・ヨング(後半15分)

フェリペ(前半24分)
アレッサンドロ・ルカレッリ(前半44分)
パオロ・デ・チェーリエ(後半25分)
フェリペ(後半32分 二枚目退場)
アフリイェ・アックア(後半40分)



スポンサーリンク


4-3-3で本田圭佑は右FWでの先発となったこの試合、期待されたフェルナンド・トーレスは練習中に足首を負傷したとかでまさかのベンチ外になっておられまして、個人的にはちょっと残念です。

パルマは基本引いてガッツリブロックを敷いて、ミランがビルドアップをしている間は好き放題に持たせる展開になったんですが、ミランは全然パルマを崩せない展開が続き、本田圭佑にもボールがほとんど集まらなかったんですが、本田がボールを持つようになってからいきなり攻撃が改善されて徐々にミランが調子づいてきた所で先制ゴールが生まれました。

スポンサーリンク

ボナヴェントゥーラの先制ゴール

前線でパスがカットされたものが本田圭佑へ、本田が相手を引きつけた状態で横パスを出して、そのボールをボナヴェントゥーラがあえて左側にくるまで触れずに左に流れながら左足で右にシュートを打ってゴール。

GKも触れたけど止める事は出来ませんでした。前半25分にACミランが先制します。

カッサーノの同点ゴール

本田圭佑のアシストでミランが先制して「おし!」と思ったのもつかの間、すぐに左サイドからのクロスにどフリーでカッサーノが飛び込んでヘディングでゴール。

前半27分にパルマが同点とします。

本田圭佑の追加点

同点にされてがっくりきた所でしたが、中盤でパスを受けたジェレミ・メネスが右サイドバックのアバーテにスルーパス。

アバーテがマイナスのクロスを入れてニアにムンタリが走り込み、本田圭佑がファーに流れる動きでフリーになってヘディングシュートを打ってゴール。

パルマDFが完全にボールウォッチャーになってたのが印象的でした。前半37分に本田圭佑のゴールでミランが勝ち越します。

ジェレミ・メネスの追加点

PA内で手で肩を掴まれたメネスがすぐにダイブしてPKをゲット。これを自分で決めて前半45分にミランが更に追加点を奪います。

後半からバカ試合化

右からのクロスを左サイドの選手がヘッドで落として、ボレーシュートを打ったら命中せず右に流れていったボールをフェリペが綺麗に合わせてなんとゴール、後半6分にパルマがラッキーも含めて追い上げると、ここから突如試合がぶっ壊れます。

スライディングでシュートブロックに行ったダニエレ・ボネーラがあげていた右手にシュートが至近距離で命中、これで二枚目のイエローカードとなったボネーラが退場して、ここから何かがはちきれます(オイ)

ボネーラのハンドはギリギリPA外でFKに、このFKでキッカーが蹴るより先に動いたデ・ヨングにイエローカードが出て「こいつも退場するんじゃねぇだろうな?」と言う期待が高まります。

するとパルマのお笑いビルドアップをプレスからナイジェル・デ・ヨング兄貴がカットするとそのまま独走、自らシュート打ち込んでまさかの守備専門潰し屋のデ・ヨング兄貴が後半23分にゴール。

だけど後半28分にCKからアレッサンドロ・ルカレッリがヘディングでゴールを決めて一点差に追いつきます。

ですが続く32分、中盤でメネスがダイブしたらフェリペに二枚目のイエローカードが出て退場、当然これにフェリペがブチギレて癒し系ムンタリがなだめるシーンも。

相手を退場に追いやったメネス神が今度は縦パスに走り込み、相手DFがGKにバックパスも短すぎてメネス神がかっさらってゴール目の前で横にタッチしてGKを追いぬくとそのままゴールに背を向けた状態でヒールキックでゴール。

バカ試合も極まったなぁ~って思ってたら、今度は時間稼ぎ中のデ・シーリョがGKにバックパスもゴールの枠を外すと言う基本から外れてしまい、これに反応したようとしたディエゴ・ロペスが脚の筋肉に故障が発生したのか反応できずにそのままゴール。

ディエゴ・ロペスはハムストリング(太ももの裏)を抑えて倒れ込んでましたが既に3人選手を交代しているので交代も出来ずそのままプレーを続行すると言う非常事態に。

なんとかこのまま試合を終えてACミランが伝説のバカ試合を5-4で制しました…これはマジで伝説になるぞ…笑

伝説のバカ試合へ

本田圭佑がプレシーズンマッチから5試合連続ゴール中とか、1ゴール1アシスト決めたとかそんなのがどうでも良くなるぐらいのバカ試合でした。

後半入ってからは本当に笑いっぱなしの展開です。もうこのツイートが全てだと思います。

なんなんだこの試合一体…。マジでハイライトだけでも見た方が良いレベル、リアルタイムで見ていた俺達は勝ち組です。

ちなみにバカ試合になった原因の一つにCBのボネーラが退場、アレックスがアクシデントで同時に交代と、CB二枚替えをせにゃならん状況になったのも関係してるとは思いますが、それにしてもバカ試合だった…笑

本田圭佑は素晴らしいプレーを披露

前半で停滞した内容に変化を加えたのが本田圭佑でしたし、後半入って試合がぶっ壊れるまでは守備でも何度も良いパスカットを見せていました。

攻守共に今日もキレてましたし、非常に良かったと思います。久々に本田圭佑の試合を見て「ああ今日は良いプレーしたな」と手放しで言えるぐらい良かった。

途中交代も一人DFが退場して守備の選手を入れなくてはならない状況で、単純に代表からの合流が一番遅れていたから疲労を考慮しての一番手交代ですし、なんの問題もなかったと思います。

プレシーズンからの5試合連続ゴールって記録は素晴らしい事ですし、Twitter情報によると開幕から2試合連続ゴールはミランの10番としてはジャンニ・リベラ以来の快挙でもあるんだそうです。ボバンもサビチェビッチもルイ・コスタもやってないんだってさ…。

何にせよ素晴らしいバカ試合でした、3連休を締めくくる朝としては最高の出来だったんじゃないでしょうか?(ネタ的な意味で)

仮想通貨貯金してます

1
僕が使っている仮想通貨取引サイトの特徴まとめ…自分のやり方によってどれを使うかは変えよう

仮想通貨・暗号通貨を扱っているサイトはいくつかあるようで、僕は初心者なので総てを把握しているわけじゃありません。 それでも自分が使ってるサイトの特徴はわかっているので、それについて紹介しておきます。 ...

Copyright© でろブロ , 2017 AllRights Reserved.