WordPressの「投稿」と「固定ページ」の違いについて&トップページを固定ページにする方法

投稿日:

本

WordPressでいざ記事を書こうと思った際に迷うのは「新規追加」という所と「固定ページ」の違いがよくわからない点じゃないでしょうか?

って事でWordPressのでコンテンツを増やしていく際に、この2つをどのように使い分けるのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

固定ページの意味は?

固定ページは本当に固定して表示するページを指します。

でろブロで言うと上部メニューにある「サイト概要」「連絡先」「でろりんのプロフィール」という名前のものがそれに該当します。

これらは記事一覧に並んでいたらおかしなものになりますよね。

サイト概要ではでろブロのコンセプトの説明と「僕の言う事を全部鵜呑みにし過ぎないでね」って予防線を張ってあります(笑)

連絡先はそのまま僕への連絡先です。ほとんどメールが届いた事はありません。脅迫は届きます。

プロフィールページも適当にプロフィールが載っているだけです。

最大の違いは表示を変えられる所

この上部に載せてある「固定ページ」で書かれたコンテンツは「投稿」の所で書いた記事と全く違う表示にんっています。

例えばブログ記事の所ではGoogle AdSenseなどの広告も表示していますし、カテゴリー別で関連記事なども表示しています。

ですが固定ページではよけいな表示は一切なく、ただコンテンツがポツンと置いてあるだけ、もちろん広告も張ってありません。

この違いを生み出せるのがこの両者の一番の違いですね。プロフィールページにまで広告を載せるほど僕も厚かましくないです…笑

だってそこを気にして見る人って、一応「この人どんな人なんだろう?」って気にして見る人ですからね。他のページも開いてくれるでしょうしね。

ブログ記事はトップページなどに並べる記事

ブログ記事はトップページなどに並べる記事になります。

ただこれWordPressはちょっと自分でカスタマイズする事によって、トップページに記事一覧を載せるのではなく、トップページに何かしらコンテンツを載せる事も可能です。

そのコンテンツを載せた上で、途中からブログ記事の一覧を載せるとか、そういうカスタマイズも可能になっています。

トップページを固定ページにする方法

やり方は簡単で「設定」→「表示設定」を開きます。

そこで「フロントページの表示」を固定ページに変更すれば良いだけ。そこでフロントページの設定を別の固定ページにすれば、その固定ページがトップページに変更されます。

そして投稿ページをどこかの固定ページに表示するのもそこで設定可能で「投稿ページ」の所を選択すれば良いだけです。

これでトップページを固定ページにして、別のページにブログ記事一覧を表示する事が可能になります。

ブログを運営する分には固定ページはあまり使わない

はっきり言って固定ページはあまり使いません。本格的なアフィリエイトサイトを運営する場合などは使うかも知れませんが、ブログサイトでは使わないと思います。

何かの公式サイトとかで「これを最もアピールしたい」って物が明確にある場合はそれをトップページに表示する事は多いです。

でもブログを作るならそういう事はあまりしないと思うんで…本当にプロフィールページやサイト説明を充実させるぐらいしか使い道はないと思います。

要するに常に誰かに見せたいコンテンツを固定ページで作成すれば良いってだけですね。

ちなみになんでこんな事を書くのかと言うと、僕が最初にこれでめちゃくちゃ迷ったからです…笑

Copyright© でろブロ , 2017 AllRights Reserved.