「失敗したくない」と思ってると失敗する理由

お金を稼ぐ方法とかを聞かれる際に、だいたい皆さんが意識している事が幾つかありまして、その中で間違っている事の一つは今回指摘したいと思います。

「絶対に、誰でも、簡単に、成功する物はないって事です」

今回お話したいのは「失敗を恐れると遠回りをする」という話です。

何故ブログやYou Tubeを選ぶ人が多いのか?

個人的に思っている「何故ブログやYou Tubeを副業として選ぶ人が多いのか?」という理由ですけど。

恐らく「スマホやPCがあればすぐ始めれるから」「失敗した時の損害が少ないから」だと思うんですね。

実際にはブログやYou Tubeをやるのって「起業」に近いんですが、他の事業と違って最初は一人で始める人が大半なので、開始コストが低いと見られがちなんですよ。

まぁPC、スマホ、もしくはカメラやマイクがあればすぐ始めれますから、揃ってる人は0円でスタート出来ますよね。

でもその考えだと失敗する人が結構多いと思います。

最初から考えが守りに入ってると攻めれない

これ僕もやりがちで、経営者の先輩によく叱られるんですけど、最初から守りに入ってると攻めの姿勢になれないんですよね。

攻めの姿勢に入れないとかけるべきお金もかけなくなるんですよね。設備投資や人件費を惜しむのが最も典型的な例だと思います。

例えばどれだけ不便だとしても無料のソフトを選ぶとか、有料だともっと時間を短縮出来るのに、買い切りの千円を惜しんで毎日10分以上時間を無駄にするとか、そういう事をする人が結構多い。

すぐに人を頼るのが良くない

最も最悪な例としては「人を頼る」という点です。いや別に人を頼る時があっても良いんですけど「始める前から人に頼る」という人、一番最悪です。成功する確率はかなり低いと思います。

何故なら自分でやらずに成功している人に質問をする人は「失敗したくない」と思っているからです。自分から一切動かずに成功する方法を人に聞いても話が噛み合いません。

まず自分でやってみる、何度も繰り返しやってみて失敗を繰り返し、自分で何度も考えて、そこで始めて「どうしてこれが出来ないのかわからない」と質問をする、調べるのは良いんですよ。

そこではもう自分の課題が明確になってますから、自分が知りたい事も明確なはずです。

You Tubeを始める際の例

例えばもしやる前から先輩YouTuberに質問すると

「どうすればでろりんさんみたいになれますか?」
「どうすればYou Tuberとして成功できますか?」

という抽象的な質問になります。言われた側からすれば「努力するだけですね♪」としか言えません。

ですがさっき言った通り自分でやってみて「ここで躓いている」と言う点を突き詰めていたら、もっと具体的な質問が出来ます。

「インプレッションがあるのにクリック率が上がりません、サムネに問題があるのか、タイトルに問題があるのか見て欲しい」

こう言われたら「じゃあ自信がある動画をいくつか見せてください」ってこちらも具体的に動ける。んで見てアドバイスだって出来るんです。

「やってもいない人にアドバイスは出来ません」

失敗を恐れるとこういう遠回りをする

このように失敗をするのが怖いから成功者にまず話を聞きたい、と思っている人は失敗するわけですよ。僕もそういう時期あったから聞きたいのすっごくよくわかりますけどね。

それよりもある程度経験をしている人が話を聞いた方が絶対に良いんです。

だからまず最初に自分でやって失敗しないといけません。とりあえず自分がやりたい事をやりたいようにやってみる。そして人のリアクションをしっかり見る。

その上で自分の何が間違っているのか、何が良くないのかを見極める。それが一番の近道だと思います。

もちろん散々やった上で先輩に「すいませんここがわかりません」と聞くのはありです。

最初から人に質問をして答えを聞こうとすると、考える力が一切育ちません。当然ですけどカンニングを繰り返す子供と、自分で勉強した子供で最終的に自力の成績が上がるのはどっちですか?って話です。

最初から教材を求める人も同じ様に自滅する

当たり前ですけど最初から教材を求める人も同じように自滅する人が多いと思います。

もちろん最低限の成功へのマインドを持っている人が「とりあえず教材読むか」と読んだ上でガンガン自分でトライ&エラーを繰り返すのは良いと思います。

でもその「挑戦する勇気がない」「失敗するのが怖い」というマインドの人が教材買っちゃうと、結局ビビって自分の手法を試しません。

当たり前ですけど、全部が全部人の真似をしても絶対勝てません。模倣が本物に勝てるわけがないし、教材が売り出された時点でその手法はみーんな知ってますから。

人の真似ばかりするよりは、自分で考えるようにする方が良いと僕は思っています。もちろん部分的に好きな人の手法をパクるのは全然ありですけどね。あくまで「影響を受けました」程度ならね、誰でもありますから。

僕も今でもたくさん人に質問をします

偉そうに話してますが、僕もまだまだ雑魚ですから、はるか高みにいる人がゴロゴロいます。

なので沢山そういう人に「これって何ですか?」と話を聞きます。でもそれはあくまで自分が困った上で、です。

やってもいない事を質問するのはとても失礼ですから、それだけは絶対しません。

失敗は怖くない

挑戦するのは怖くありませんし、失敗するのも本来怖くないんです。だって人に笑われる事なんて、そうそうないですよ。

僕も10年間色々な事をやってきましたが、そんなことで何かを言われた記憶はありませんね。言ってたとしてもカゲでコソコソ言われているぐらいでしょう。

冗談抜きでそんな事知りません。だって僕の耳に入って来ないし。まさに「知らんがな」なのです。

どれだけ人が僕をバカにしようと、10年間ネットで飯を食えた事、そして家を買う事も出来たこと、その結果が僕にとっての総てです。

僕はこれからも沢山失敗するでしょう。でもその中で何かが一つ当たれば、ドカンと稼げる。世の中ってそうなっているんです。

だから失敗しても良いから、自分が考えたやり方を沢山試していきます。そして沢山失敗して、沢山改善していきます。

そして成功した時だけ、ドヤ顔で皆さんに語ろうと思っています(笑)

失敗を恐れる人は仕事が出来ない

これだけは本当に皆さんに言いたいんですけど、出来る人と出来ない人の違いって「失敗を恐れるかどうか」だと思うんです。

子供の頃に失敗した際に過剰に怒られた人は失敗を恐れる傾向が強いと思います。特に僕は失敗する度に殴られていたので、その傾向は強かったです。

でも大人になると、なんと失敗しても誰も殴って来ません。なんて幸せなのでしょうか?思い切って失敗して、思い切って改善出来るようになりました。

皆さんも、そうなれば大事な一歩が踏み出しやすくなるんじゃないかなと思って、今回はそういう話をさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です