ザイフで仮想通貨やってみたら使いやすかったのでオススメって話…初心者でもまずはこっちのが良さげ

投稿日:

仮想通貨に手を出してから徐々に使うサイトを切り替えているんですが、今回は「Zaif(ザイフ)」を紹介します。

最初はビットフライヤーって所を使ってたんですが、アルトコインを買う際に金額の開きが半端ないので、最近はザイフをメインで使うようにしています。

ってわけで今回はザイフの紹介だよ!個人的にはビットフライヤーよりザイフ推しです。ザイフの方が全部に板があるので実にわかりやすい。


公式サイト→Zaif(ザイフ)

スポンサーリンク

ザイフで買える仮想通貨は?

パッと見てもこれだけあります。

  • BTC
  • XEM
  • MONA
  • BCH
  • ETH

更にトークンってのがあって、そっちもこれだけ買えます。

  • ZAIF
  • XCP
  • BCY
  • SJCX
  • FSCC
  • PEPECASH
  • CICC
  • NCXC

ちなみに横に/JPYって書いてある所が日本円で買えてBTCって書いてある所はビットコインで買えますよって奴ですね。僕は基本BTCから買うことはしません。

よくわからんから!(笑)

ザイフの良いと思った所

ザイフを使ってて良いと思ったのは板がある所ですが、それも大事ですがそもそものチャートを細かく見れるのも良いんですわ。

ザイフのチャートは細かく見れる

チャートと言うか、簡単に言うと値段の上下を見る表みたいなやつです。

ザイフのチャート
こういうのですね。これはBCH(ビットコインキャッシュ)のチャートで、左上に「1日」って書いてある通りで左右一マスで1日の動きだよって事です。

一度下がってから途中で爆上げした事がわかりますね。

ザイフのチャート
これ「1時間足」ってやつです、左右の1マスが1時間の動きになります。さっきより詳細がよくわかる動きになってますね。下にあるテトリスみたいなのは、青が上昇、赤が下落って事です。

ザイフのチャート
これ更に「5分足」ってのです。5分でこれぐらい動いてますよと。こうやって全部の仮想通貨の値動きをしっかり把握する事が出来ます。

ビットフライヤーにもこれはありますが、この5分置きとか1時間置きとかの細かい表を見る事ができなくなっているのが困ったところなんですよ。

ザイフには板がある

ザイフには板があるので「今現在どれぐらいの金額で取引されているのか一発でわかる」んです。

ザイフのチャート
左側では売買注文がどれぐらいで入っているかわかります。右側では実際に取引が成立した値段と数が書かれています。

これを見て自分で「指値」を使って売買するタイミングを決める事が出来ます。

例えば仮想通貨などの取引だと、この表で言うと現状は「139005」になってますが、大量に買われたらそれが一気に「140000」まで跳ね上がる事があります。

これだけで約千円の差額が発生します。

たまたま跳ね上がった瞬間に売れれば良いですが、それを狙うのが「指値」って事です。

予め140000で自分が持っている仮想通貨を売る注文を入れておけば、その上がった瞬間に売ってくれます。その逆もしかりですよね、少しでも安く買おうと思ったらちょっと下がった所で予め注文を入れておくと良い。

簡単に言うと「指値」は予約注文です。ちなみに最初これの意味全然わかってませんでした、ワッハッハ(笑)

板が無い所とかだと、この金額が大雑把に勝手に決められてしまいます。また「成行」ってので買うと同じように「今すぐ決算できる」代わりに値段が大雑把になってしまって、大幅に損をする事もあるので注意です。

これも僕は最初結構やらかしました…辛い…。

ザイフの注意点

ザイフに限りません、ビットフライヤーでも一緒ですが大きな動きがあった際に注文が入れられなくなる事が多々あります。

その先日のBCHの爆上げ→爆下げの際には一切の注文が通りませんでした。僕も何ともならず結局持ち続けた結果黒字回復→赤字に逆戻りという楽しい事になりました。そして赤字は増える一方に…(笑)

何にせよこの「急激な相場の動きがある時に身動きが取れなくなる」という仮想通貨の現状のリスクは知っておいた方がベターです。

初心者は現物だけやろう

僕はアホなのでビットコインFXとかの信用買い・信用売りをやっちゃいました。

その結果、ビットコインは爆上げの市場なのでガンガン上がって行って一気に大赤字をぶっこいたわけで…ただその後は何度か儲けが出るタイミングはありました。

ただそこで欲をかきすぎて「まだ上がるから待とう!」って思った結果、本当なら10数万円は儲かった所が全部戻って来てしまいました…泣きたい…(笑)

もう諦めてそういう時はずっと持ち続けるようにしていますが、何にせよ仮想通貨は現状は「とりかえず買って持っておけばいずれは上がる」ってのがガチのようです…本当に…(笑)

ってわけで僕は絶対に初心者にFXとかの信用取引は絶対オススメしません!とりあえずやるとしても基本的には買いの立場でやるべき!特に大きく下がった後はやっぱりみんな買い増しするので、そこで上がるからそれに乗っかる方向だけにした方が良いですね。

僕はそれをやって午前中に6千円を稼いだ後、午後に「今度は下がるやろ(^ν^)」と売りポジション(ショート)を取った結果、爆上げが来て焼き殺されました…(笑)

ビットコインは本当に強い…先日も80万円から60万円ぐらいまで落ちたのに、また戻って来てるし…買っとけば良かった…シクシク…。

指値は早目にやると短期売買時に使える

指値は「この金額になったら買う(売る)」と決める事が出来る項目です。

これ売買が活発化すると注文が通らないんですよ。

例えば急に暴落が始まって「ああ急いで売りたい!」って時は本当に全く通らない。下手したらザイフは鯖落ちしてつながりません(笑)

そこで大損する可能性があります、ですから早目に「この金額になったら売る」って決めておくと暴落などを避ける事は可能です。短期売買を狙う人は特にこれは決めておくと良い。

早目にやっておくといざその金額になった際にすんなり売買が出来るので、落ちたときに買うのも上がったときに売る時にも困らずに決算出来るのでオススメです。

この指値を上手く使えればザイフで重くなった時も戦えるので個人的にはこれを強くオススメしたいです。

ザイフはスプレッドが無い

ザイフはスプレッドがあるタイプじゃありません。簡単に言うと買う金額と売る金額の差です。

ビットフライヤーだとスプレッドがひどくて、金額差もかなり広がります。

例えばですが今見た某通貨だとこれぐらいの差が出ています。

スプレッド

1261円と1074円です。これだけ違うとかなりキツイ。

ただこのスプレッドが存在するビットフライヤーだと、ほぼ確実に売買したいタイミングで決算が出来るので、そこは強みでもあります。

ザイフは上記した通り鯖落ちしやすいし、注文が通らない事もあるのでそこがデメリット。ですが手数料が全然取られないので極論ですが1200円で買って1220円で売ってもすぐに利益が出るわけですよ。

僕も試しにモナコインを300買って、20円上がったらすぐ売ってみたら300×20=6000円前後の儲けが大雑把に出るわけですよ。これが結構凄くてですね。

これですぐに利益を出す事が出来ました。これぐらいなら色々な人が売買しているので、ちょっとした誤差ですぐ取れたりします。買った直後に20円上の価格で指値しておけばすぐ取れたりするんですね。

これだけですぐに数千円稼げたりする…ただもちろんそれだけの元手のお金は必要ですけどね…それだけ金入れておけば結構稼げます。

個人的にはこれでザイフでちょくちょく稼げたのでやれん事はないかなと、もちろん流れは見てないとダメですけどね。

絶対にこれで稼げるわけではないのでそこは注意!(笑)

上手くやれば2倍ぐらいにはいけそう

入れた分のお金は上手くやれば2倍にはいけるんじゃないかなぁ…と日々思って僕はちょこちょこ遊んでます。

ってか本当は先日のBCHの爆上げで欲をかかなければ…赤字は全部取り返してプラスになってたんだよね…アホ過ぎます…(笑)

とまぁ僕みたいに「まだだ!まだ上がる…!」って馬鹿な事を考えなければ、ある程度は利益が出ると思います…たぶん…いや相場はわからんけどね僕にはね…ハハハ…。

何にせよどうせやるならビットフライヤーよりザイフの方がベターだなって思ったので記事にしておきました。

公式サイト→Zaif(ザイフ)

仮想通貨貯金してます

1
僕が使っている仮想通貨取引サイトの特徴まとめ…自分のやり方によってどれを使うかは変えよう

仮想通貨・暗号通貨を扱っているサイトはいくつかあるようで、僕は初心者なので総てを把握しているわけじゃありません。 それでも自分が使ってるサイトの特徴はわかっているので、それについて紹介しておきます。 ...

Copyright© でろブロ , 2017 AllRights Reserved.